iPhone 14 ProのGeekbenchスコア、iPhone 13 Proよりわずかなパフォーマンス向上

新しいA16 Bionicチップを搭載したiPhone 14 ProのGeekbench スコアでは、昨年のiPhone 13 Proと比較してパフォーマンスがほとんど改善されていません。

iPhone 14 Proの識別子であるiPhone15,3のGeekbenchテスト結果は、新しいiPhoneのシングルコアスコアが1879、マルチコアスコアが4664 であることを示しています。

iPhone 13 Proのスコアはシングルコアで1707、4659マルチコアでは、最新のハイエンド iPhone よりわずかに遅いだけです。

A16 Bionicチップの最も重要な新機能は、これがより微細な4nm プロセスに基づくAppleの最初のチップであることです。A15 Bionicチップは、Apple のMac用M1およびM2 Apple シリコンチップと同様に、5nm プロセスに基づいています。

一部の人が望んでいたかもしれないパフォーマンスのわずかな飛躍にもかかわらず、Appleは A16 Bionic チップが「これまでのスマートフォンで最速のチップ」であると述べています。A16 Bionic にはより強力な GPUが搭載されており、グラフィックスを多用するゲームに最大50%多いメモリ帯域幅を提供できます。

A16 Bionicには、高度な機械学習タスクを強化する新しい 16 コアのニューラルエンジンも搭載されています。CPUでは、A16 Bionicは A15 Bionicと同じ6コア数を備えていますが、Appleはそれを「新しい 6 コア CPU」と言っています。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年9月8日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。