[火星に生命の痕跡?]有名科学者、NASAは火星に地球外生命体の証拠を隠していると主張

画像ソース:NASA

バッキンガム大学の宇宙生物学センターの教授であるバリー・ディグレゴリオ氏は、研究者が、米国の宇宙機関が一般から真実を隠していることを示すと信じているレポートを公開する予定であると、dailymail.co.ukが報告しています。

すでに多くのオンライン メディアで「物議を醸す科学者」と呼ばれているこの研究者によると、NASA は 2030 年代に火星への有人ミッションを計画しているため、この発見を無視するつもりかもしれません。

さらに、宇宙機関は、ディグレゴリオ氏が異星人の生命の証拠であると主張している化石は、実際には岩の結晶であると言います.

ディグレゴリオ氏は、地球上の微視的な生命の研究を専門としています。専門家は、キュリオシティローバーによって送信された画像のいくつかは、地球で見つかったオルドビス紀の化石に似たパターンの明確な証拠を示していると主張しています。

「これらの化石は、生物そのものの残骸ではなく、生物が足跡を残して生活を続ける中で生まれます。」

したがって、ディグレゴリオ氏は、火星の化石は、かつて火星の表面に存在した軟体動物の証拠であると考えています.
Daily Expressとのインタビューで、彼は次のように述べています。

「この化石にNASAは他にどのような地質学的説明を思い付くでしょうか? NASA は、これに関するデータを取得しようとする試みに背を向けました。ローバーを次のポイントに移動するように、HQから命令が下されました」

「ゲイル・クレーターは何十億年もの間、おそらく一連の湖のホストであったという事実にもかかわらず、彼らはそれが見るほど重要であるとは感じていませんでした。それは非常に奇妙だと思いました。私たちは、地球のオルドビス紀に相当するかもしれない何かについて話しているのです」

一方、NASAは、教授が見つけたのはおそらく結晶であると主張しています。
ディグレゴリオ氏は、結晶は枝分かれしたりねじれたりしないので、そのような説明は無意味だと主張しました。彼は、4億8500 万年から 4 億 4400 万年前に発生した地球のオルドビス紀に似た何かについて話すことができると主張しています。

科学者のジョン・ブランデンバーグ氏は、火星に生命が存在すると主張したもう一人の専門家です。しかし、ブランデンバーグ氏は、火星の地球外生命体はより複雑であり、単純な生物の存在に限定されないと信じています。

NASA が情報公開を差し控えたとして非難されたのは、これが初めてではありません。しかし、彼が世界最高の大学の1つで認められた教授であるという事実は、さらに興味深いことです。

(via anomalien

Last Updated on 2022年9月7日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。