ロックバンド「ニルヴァーナ」のアルバム「ネヴァーマインド」のジャケットの「児童ポルノ」訴訟は却下

スペンサー・エルデン氏は、ロサンゼルスの連邦地方裁判所で、彼の「性的搾取」の主張をめぐってニルヴァーナを訴えた最近の試みを棄却しました。彼がバンドを訴えようとしたのはこれが3回目であり、この解任は4回目がないことを意味します。エルデンの法務チームがニルヴァーナへの財産要求に対して異議を申し立てることができなかったため、以前の請求は1月に却下されました。

この事件は、1991 年に撮影された、生後4か月のエルデンが裸で泳いでいる写真が使用されたことに端を発しています。彼は、当時(生後わずか 4 か月だったので)許可を与えることができず、それは「性的搾取」と「児童ポルノ」であると主張しました。裁判官は同意しませんでした。

却下は、いくつかの要因から生じているようです。まず、エルデン氏自身が何年にもわたって何度もイメージを再現し、「ニルヴァーナの赤ちゃん」であるという悪名を積極的に利用しているように見えたという事実です。しかし、裁判官はまた、アルバム カバーについて知ってから10年以上も訴えており、実際に何かをするのに時間がかかりすぎたと裁定しました。

この事件の被告には、生き残ったニルヴァーナのメンバーであるデイヴ・グロールとクリス・ノヴォセリック、カート・コバーンの未亡人であるコートニー・ラブ、複数のレコード会社、写真を撮影した写真家のカーク・ウェドルが含まれていました。
2008年のNPRのインタビューによると、エルデンの父親はウェドルの友人で、15秒の撮影で 200 ドル稼いだようです。

最終的に、LA地方裁判所のフェルナンド・オルギン判事は、基本的にエルデンがバンドを永遠に訴え続けることを認めて、その主張を却下しました. 彼の最終決定で、彼は次のように書いています。

要するに、原告は、この訴訟を提起してから10 年以内に、原告が未成年であった間に発生した違反または請求の根拠となる傷害を知っていたと主張することができません。

被告の弁護士であるバート・デイクスラーは、「この無実の訴訟が迅速に最終的な結論に達したことを嬉しく思います」と述べましました。

(via Diyphotography

Last Updated on 2022年9月7日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。