[気候変動]乾燥により20年前に比べてほぼ2倍の森林火災が発生

新たな分析によると、山火事は 2001 年のほぼ 2 倍の森林被覆を世界的に破壊しており、年間 740 万エーカー(30,000平方キロ)の森林が焼失しています。

世界資源研究所 (WRI) の研究者は、火災が森林損失の増加する割合を占めることを発見しました。2001年には世界の樹木被覆の約 5 分の 1 が山火事によって失われましたが、2021年には3 分の1 以上を占めていました。この分析は、アマゾンからオーストラリア、シベリアまで、世界中で火災に関連した樹木の損失が「ほぼ均一」に増加していることを発見した最近の研究に基づいています。

北方林は、その大きさと燃えやすい性質から、過去20年間の火災関連損失の約70%を占めています。WRI によると、寒帯の森林地帯では、過去20年間で平均して年間 270,000 エーカ(
1,100平方キロ)の焼失面積が拡大しています。これらの森林は主要な炭素吸収源であり、その炭素の多くは永久凍土に蓄えられています。森林が燃え、永久凍土が溶けると、大量の温室効果ガスが放出されます。

山火事と闘い、その影響をよりよく理解するために、科学者は深刻な火災がどこで発生し、どこで煙が吹き上がるかを予測することに取り組んでいます。NASAが主導した2020 年のカリフォルニア州の山火事に関する新たな調査では、水不足の松林はより激しい火傷を起こしやすいことが判明しました。別の最近の研究では、NOAA の実験的な煙予測ツールが、2018年のカリフォルニアのキャンプファイヤーからの煙の初期拡散を正確に予測したことが示されました。煙予測システムはまもなく北米全土をカバーし、数年以内に完全に機能するようになると研究者は述べています。

(via E360

Last Updated on 2022年9月1日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。