[ビジネス]米国、新型コロナウィルスの後遺症で400万人が失業し、労働者不足になる可能性

ブルッキングス研究所からの新しいデータは、Covid-19 の長引く症状が労働力不足を悪化させていることを示唆しています。企業がこれらの労働者に対応する方法は次のとおりです。
事業主が人員配置に苦労し続けているため、新しいデータは、新型コロナが雇用に大きな影響を及ぼしている可能性があることを示しています。

先週の水曜日に発表されたブルッキングス研究所の報告によると、新型コロナの症状が長引いているために、400万人ものアメリカ人が失業する可能性があります。疾病管理予防センターによると、米国の約1600万人の労働年齢の人々が、疲労、めまい、息切れ、集中力の低下など、さまざまな健康問題を含む長期の新型コロナの後遺症に苦しんでいます。

推定200万から400万人が病気のために雇用されておらず、全労働力の2.4%に相当します。求人数は過去最高の1,070万人に近い状態で推移しているため、長期的には、新型コロナウイルス感染症の影響で、その割合は37%に達する可能性があります。

人手不足は中小企業にとって、労働力の確保は依然として大きな問題あり、反対にいパン市民は雇用危機によって大きな打撃を受けています。National Federation of Independent Businessによると、先月、中小企業の経営者の半数が、補うことのできない求人を抱えていました。採用している企業のうち、10 社中 9 社が、その職に適格な応募者がほとんどまたはまったくいないと報告しました。労働力率がパンデミック前の最高値を依然として下回っているため、雇用主は給与を支払うために労働者を労働市場へ戻す必要があるかもしれません。その戦略には、いわゆる流通に影響を与える長距離運送業者をターゲットにして、彼らが仕事に復帰できるようにすることで労働力不足解消も含んでいます。

働きたいと考えているコミュニティです。労働人口に占める障害のあるアメリカ人の割合は 、2014 年以降増加しており、昨年の初めから急激に増加しています。労働省からの報告によると、新型コロナの療養期間が長い人は、障害を持つアメリカ人法に基づいて対応する必要があります。しかし、単なるコンプライアンスを超えて、企業は、従業員の福利厚生をわずかに調整することで、 新型コロナまたはその他の慢性疾患を持つ労働者をサポートできます.

中小企業の経営者は、雇用確保のため、医療計画を調べて、慢性疾患の治療がカバーされていることを確認する必要があります。また、従業員の保険料への拠出額を増やすか、無料の健康保険を提供することを検討し、利用可能な有給病気休暇の日数を拡大することも有効です。在宅勤務ポリシーとパートタイムのポジションで柔軟性を維持している企業は、労働力への移行を検討している長距離運送業者をターゲットにするのに適している可能性があります.

(Via INC

Last Updated on 2022年8月31日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。