[日本も移民を取り込むべきか?]アメリカのユニコーン企業の半分以上が移民の創業者


画像:Instacart の創設者であるインド系カナダ人の Apoorva Mehta 氏。ゲッティイメージズ

米国経済と雇用市場に対する移民の影響に関する議論では、移民起業家の影響は驚異的です。10 億ドル(約1390億円)規模の新興企業の55%が移民によって設立されました。新しい研究によると、移民がアメリカ生まれのアメリカ人と一緒に共同創業者であった企業を含めると、合計は3分の2 近くにまで上昇します。

「移民は、数十億ドル規模の新興企業の台頭に火をつけた」と、移民問題に焦点を当てた非営利の研究機関である米国政策財団(National Foundation for American Policy)の研究結果を示しました。移民が設立したユニコーン企業(独創的な企業のこと)の割合は、同組織が4 年前に発表した調査と比較して驚くほど安定しており、その間にユニコーンの数は約6倍に増加しています。

この調査では、移民が創業した319社のユニコーンの中から、移民が創業者であるユニコーンの価値が最も高い企業を挙げています。聞いたことがあるかもしれません。最大のものとその評価は次のとおりです。

また、この研究はまだ上場していないユニコーンのみを数えているため、その調査結果は、起業家の風景に対する移民の全体的な影響を実際には過小評価しています. 創設者は57か国の出身です。インドは 66で、最も多く生産しています。この国は、 2018 年のレポートでも最大の生産量を記録していました。
ウォートン大学のイーサン・モリック教授が指摘しているように、それはユニコーンだけではありません。

また、移民の子供である創業者もおり、調査によると、合計で少なくとも51のユニコーンが追加されることになります。
ユニコーンの創業者の約半数は、学生ビザで米国に来ました。

これらの数字はすべて、米国の移民政策と、近年の移民の動向に疑問を投げかけています。これらのユニコーンを立ち上げた起業家のグループは何年も前に到着しました (結局のところ、わずか1年か2年で 10 億ドルの評価額を達成する会社を立ち上げるわけではありません)。

近年、これらのユニコーンを生み出すために米国が依存していた移民の増加は鈍化しています。昨年、10 年以上ぶりに、米国で外国生まれの人口の割合が減少しました。2016年以降、純移民数が年々減少していることに示されているように、人々は米国に優秀な移民が来ることにあまり関心を持っていません。

NFAPはそれ自体で政策の推奨事項を作成しませんが、組織はそのレポートに1組の政策報告書を含めました。

1 つ目はスタートアップビザに関するもので、これにより 起業家は、特に企業を立ち上げてリードするためにその国に滞在することができます。現在、米国で会社を立ち上げた場合、起業家として米国に留まるためのビザプログラムはありません。その結果、報告書によると、「アメリカで成功する移民起業家は、ほとんどの場合、難民か、家族が後援し、雇用主が後援する移民である」とのことです。

2番目の NFAP政策報告書は、許可される移民の数を増やし、グリーンカード申請の処理を加速することに関するものです。報告書が指摘しているように、「議会調査局は、インド人の雇用ベースのグリーンカードのバックログが 2030 年までに 200 万を超える可能性があると推定しています。最近の1 年間で、米国は H1-B 申請の82%を、85,000人の年間制限を超えたとして却下しました。 」

(via INC)

Last Updated on 2022年8月30日 by M林檎

1 thought on “[日本も移民を取り込むべきか?]アメリカのユニコーン企業の半分以上が移民の創業者

  1. 移民を受け入れた多くの国が犯罪の増加などの大きな社会問題を抱えているみたいですね。
    私は、移民受け入れ反対です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。