[スペースサイエンス]NASAの新しいミッション「アルテミス計画」について知っておくべきこと。

画像ソース:NASA

NASAは、宇宙飛行士を月やその先に送る多段階計画を含む、アルテミスと呼ばれる1年にわたるミッションに着手しています。アルテミスのミッションは、女性と有色人種を初めて月面に着陸させることです。

このミッションは、火星への長い旅に向けて人類を準備し、持続可能な月経済を確立するのに役立ちます。NASAは、ミッションを達成するために国際的および商業的パートナーと協力しています。

なぜアルテミスと呼ばれるのですか?
1969年から1972年にかけて、NASAのアポロ計画は人類を月に連れて行きました。アルテミスはアポロの双子の妹で、ギリシャ神話の月の女神です。

NASA とそのパートナーは、国際宇宙ステーションの成功が示すように、アポロ計画以来、大きな進歩を遂げてきました。人類は20年間、ISSで生活し、働き続けてきました。しかし、ISS は地球からわずか 250マイル(約402キロ)上にあります。対照的に、月は25 万マイル(約40万キロ)離れており、火星は1億4000 万マイル(約2億2,500万キロ)離れています。

人類が地球低軌道 (ISS がある場所) を超えて長期的な存在を確立したい場合、月に行くことが次の論理的なステップです。

アルテミスミッションの目標は、大まかに言うと、科学的発見を可能にし、新しい経済的機会を開拓し、新世代の科学者、技術者、およびリーダーを鼓舞することです。

NASAは、再び月に戻ることで、長期の宇宙探査を可能にする水やその他の資源を見つけることを目指しています。その過程で、機関は月、地球、宇宙についてさらに学ぶことを期待しています。最終的に、月面でのプレゼンスを確立することで、NASA とそのパートナーは、火星に到達するために必要な知識と運用上の自信を得ることができます。

一方、NASA の使命は、地球上およびその先に新たな経済的機会を生み出すものでなければなりません。NASA の指導者によると、20 年以内に地球低軌道 (LEO) を超えて公的および私的なミッションを行う可能性があり、初期の宇宙経済の背後にはすでに経済的な野心があります。

宇宙経済はすでに4,000 億ドル(約55兆円)規模の産業であり、「1 兆ドル(約138兆円)に向かっています。私たちが考えているよりも早くそこに到達すると思われます」と、NASA の宇宙技術ミッション総局 (STMD) の副管理者であるJames Reuter 氏は述べています。

NASAは、8月29日午後9時30分(予定)に NASA の宇宙船を月の周りに送る無人ミッションであるアルテミス I を打ち上げる予定です。

また、8月初旬にNASAは、2024 年にアルテミス II ミッションを開始することを目指していると発表しました。このミッションでは、月面フライバイテストに宇宙飛行士を送り込み、1972年以来、地球低軌道 (LEO) を超える最初の有人ミッションとなります。

その後、2025年にNASA はアルテミス IIIミッションを開始し、月面に最初の女性と有色人種を送ることを目指しています。

(via ZDNET

追記:発射はロケットの冷却装置異常のため、延期されました。

Last Updated on 2022年8月30日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。