iPhone 14シリーズで噂されている4つの注目される新機能

画像ソース:MacRumors

Bloombergは、Apple が衛星接続に取り組んでいると報告しています。これにより、ユーザーは緊急時にテキストを送信したり、 iPhoneを使用して携帯電話のカバレッジがない地域で重大な緊急事態を報告したりできるようになります。ある時点で、この高度な機能がiPhone 1に付属するという噂がありましたが、それは実現しませんでした。

(衛星との接続機能)
信頼できる業界の専門家によると、Appleは9月7日に予定されているイベントでiPhone 14の衛星接続機能を発表する予定です。専門家は、AppleはこのiPhoneの機能について Globalstar と提携する可能性が高いと述べています。

信頼できるAppleアナリストMing-Chi Kuoは、 Appleの14インチおよび16インチMacBook Proの初期開発をカバーする幅広いレポートで、2022年のハイエンドiPhoneには熱管理のためのベーパーチャンバーサーマルシステムが搭載されると述べています. Kuo 氏は、当時、Apple はiPhone向けにそのようなソリューションを「積極的にテスト」していたと述べました。ベイパーチャンバーサーマルシステムは、Samsung、Razer、LG などのハイエンド Android デバイスに既に搭載されており、重いワークロードの下でデバイスを低温に保つのに役立ちます。

(低温下機能)
Appleは、新世代のAシリーズ チップを搭載するたびに、iPhoneをより強力なものにし続けてきました。iPhone 14 Proは新しいA16 Bionicチップを搭載することが期待されていますが、iPhone 14のローエンドモデルは現在のiPhone 13のA15 Bionicチップを保持します。Appleがベイパーチャンバーサーマルシステムを採用するかどうかはまだわかりませんが、2021年1月のKuo氏の最初のレポート以来、言及されていませんでした。

(大容量ストレージ)
iPhone 13 Proで、Apple は顧客に1TB のストレージの提供を開始しました。iPhone 14 Proでは、大ざっぱな噂によると、Appleはさらに大きな2TB ストレージオプションを顧客に提供できる可能性があり、これはiPhoneでこれまでで最高の量を提供します。追加されたストレージは、iPhoneで高品質のプロのビデオを撮影するビデオグラファーにとって役立つ可能性がありますが、Appleがこれをオプションにすることを選択するかどうかはまだわかりません.

(WiFi 6E)
Appleの最新の iPhone、Mac、およびiPadは、最新の WiFi 標準ではない WiFi 6 をサポートしています。WiFi 6Eは最新の WiFi規格であり、大容量のワークロードを処理するための高速化と優れた機能を提供します。iPhone 13は憶測にもかかわらず、最新のWiFi標準をサポートすることにはならなかったため、今後のiPhone 14ラインナップのテーブルにある可能性があります。

これらの新機能が、どの程度iPhone 14シリーズに搭載されるかどうかは、発表イベントでしか分かりません。

iPhone 14発表のスペシャルイベントは、日本時間の9月8日(木)午前2時からです。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年8月28日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。