Apple、将来の折り畳み式 iPhoneやiPad向けの変形防止ディスプレイの特許を出願

米国特許商標庁は、2022年8月25日、折り畳み式の iPhoneや iPadに関連する可能性のある Appleによる特許の出願(特許出願番号 20220270522)を公開しました。

Appleの特許出願は、指、スタイラス、またはその他の外部物体による接触による変形による損傷に耐性のあるディスプレイを備えた電子デバイスを対象としています。折り畳み式ディスプレイは、曲げ軸の周りで曲がるディスプレイカバー層およびディスプレイパネルを有しています。

ディスプレイパネルは、ディスプレイカバー層を通して画像を表示するように構成されたピクセルのアレイを有し、画素は、フレキシブル基板によって支持される薄膜ディスプレイ回路から形成されます。

フレキシブル基板は、曲げ軸を中心に曲がるディスプレイ支持板によって支持されます。必要に応じて、フレキシブル基板は、複数の軸を中心に曲がるディスプレイ支持プレートがあります(例えば、三つ折りデバイス内)。

可撓性または剛性のディスプレイが剛性の支持プレートによって支持される構成も使用します(例えば、ディスプレイが薄いおよび/または柔らかいカバー層で覆われている装置において)。

ディスプレイ支持プレートは、コンピュータスタイラス(Apple Pencil)などの外部物体からディスプレイに圧力が加えられたときに変形に抵抗する堅い層から形成しています。

ディスプレイ基板をディスプレイ支持板に取り付ける際に、熱可塑性ポリマー結合、ポリマー接着剤結合、および/または他の取り付け技術を使用します。例示的には、支持プレートと基板との間の軟質材料の過度の使用が回避され、薄膜ディスプレイ回路の望ましくない局部的な変形を防止するのに役立ちます。

(via Patenly Apple

Last Updated on 2022年8月26日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。