Unixのレジェンドは、基本的なAWKコードを修正し続けている

画像ソース:ベン・ロウ 2012年、ベル研究所の同僚でCプログラミング言語の共著者であるデニス リッチーに敬意を表して話すBrian Kernighan(ブライアン カーニハン)氏。

プリンストン大学の教授は、夏の学業の少ない時期に時間を見つけて、古い友人に電子メールを送りました。Brian Kernighan氏はこんにちはと言い、米国訪問の様子を尋ね、1977年に Bell LabsでUnix 用のテキスト解析ツールの作成を手伝ったAWK(UnixやLinux環境でファイルを集計したりするときにつかえる便利なプログラミング言語)の Unicode サポートを追加できる数百行のコードを削除しました。

Kernighan氏はAWKの「K」であり、AWK は、Unixのパイプライン機能とシステム間の相互運用性の鍵となった言語を抽出して操作するための専用言語です。Unicode をサポートする最新の派生物を含め、数え切れないほどの亜種がありますがAWK、「One True AWK」は、Kernighan氏の1985年の著書The AWK Programming Languageとその後の入力nawkに基づいた、一種の標準的なバージョンです 。

プリンストン大学では、Brian Kernigha氏とDennis Ritchie (RIP) 氏によって書かれた「The C Programming Language」のコピーをキャンパス内の書店環境で配布しています。

Kernighan氏は、1978 年の基本的な本The C Programming Language の “K&R C” の “K” でもあります。彼は Dennis Ritchie氏と協力し、精神的にも論文でもプログラマーに固執しています。

Cのルーツはもっと深いところにあります。Kernighan氏はBell Labsの従業員にCを教えていて、その作成者であるRitchie氏に、知識を広めるために協力して本を書くよう説得しました。その本は、唯一の真のブレーススタイル、それに伴う終わりのない議論、そしてすべての現代のプログラミング言語を支える構造を生み出しました。

Kernighan氏はUnix にも名前を付け、「Hello, world」のコード例を最初に示しました。
Kernigha氏が5月下旬に登場したonetrueawkリポジトリは比較的静かな場所で、21人のコントリビューター、46人のGitHubユーザーが監視しており、数か月ごとに責任感の伴った約束が行われています。The Registerが指摘したように、Kernighan氏のUnicode修正が明るみに出たのは、主にYouTube チャンネルComputerphileによる教授とのインタビューで言及されたためです。

「AWK が ASCII か 8 ビット入力しか扱えないのはいつも恥ずかしいことですが、実際にはUnicodeをまったく処理しません」と Kernighan氏はインタビュアーのDavid Brailsford教授に語っています。「数か月前、私は(笑)信じられないほど古いプログラムで作業をしていました。現時点では、UTF-8 の入力と出力を実際に処理するプログラムを持っているので、日本語の文字をアップしたりとかの正規表現を使用できます」

現在 80 歳の Kernighan氏はインタビューで、AWKがCSV ファイルを処理できるようにするために「手っ取り早い」パッチを適用したことについて率直に述べています。

(via Arts Technica

Last Updated on 2022年8月25日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。