Wi-Fi 7、次のワイヤレスブレイクスルーがApple デバイスをどのように強化するのか。

画像ソース:Qualcomm

Appleは、現時点でどの製品にもWi-Fi 6Eを搭載していません。これはすぐに変わると予想されていますが、市場はすでに次の大きな話題、Wi-Fi 7に移行しています。

なぜ新しい規格を気にする必要があるのでしょうか。誰もがより多くの帯域幅とより短いレイテンシーを好みます。どちらも新しい標準の主要な目標です. しかし、最大の利点は、混雑や不安定性をスマートに克服するように設計されている方法であり、困難な状況でより優れたパフォーマンスを発揮する、より安定したネットワークを提供する手段です。

IEEE 標準で 802.11be として知られている Wi-Fi 7の最終仕様は、完成までまだ数年かかります。しかし、ハードウェア メーカーがそれを待つことはめったにありません。仕様のドラフトに基づいて初期の製品を構築し、ファームウェアを徐々に更新して、最終的な仕様に準拠したままにします。

最初の Wi-Fi 7 ルーターが2022年後半に出荷される予定であるため、新しい技術が提供するものと、まだ機器をアップグレードする必要があるかどうかを検討する価値があります。

ここでは、Wi-Fi 7 の新機能の簡単なガイドと、Apple のデバイスでいつサポートされるかについての予測を示します。

新しい Wi-Fi 規格はどれも高速で遅延が少ないように見えますが、Wi-Fi 7 も例外ではありません。実際の理論上のピーク帯域幅は 46ギガビット/秒です。これは毎秒 5ギガバイトを超え、Wi-Fi 6E の 4 倍、Thunderbolt 4よりもさらに高速です! しかし、現実の世界では、それに近いものは得られません。

Qualcommによると、同社の最初のWi-Fi 7製品は 5.8 ギガビット/秒の実際の速度を実現し、同社が提供するどのWi-Fi 6Eソリューションよりも60% 高速です。技術デモで、MediaTekは Wi-Fi 6 の最大 2.4 倍の帯域幅を期待すると述べています。

Wi-Fi 7 の巧妙なトリックの1つは、さまざまなチャネルを「リソース ユニット」に分割し、データの小さなチャンクを複数のクライアントに同時に送信することです。これにより、レイテンシが大幅に短縮されます。

現在の Wi-Fi 6 または 6E ルーターは、「デュアルバンド」または「トライバンド」動作を約束し、2.4GHz、5GHz、および 6GHzの周波数を一度に使用できると言います。これは技術的には正しいのですが、デバイスからアクセスポイント/ルーターへのすべての接続は1 つの周波数に固定されています。5 GHzのチャネルが満杯の場合、または信号が弱い場合、携帯電話は 2 GHz帯域に接続する可能性があり、切断して再接続するまでそこにとどまります。

Wi-Fi 7は、3 つの周波数帯域すべてと利用可能なすべてのチャネルをまとめて、現時点で最適な周波数とチャネルで Wi-Fi 7 クライアントデバイスにパケットを送信するように設計されています。また、時間の経過とともに動的に変化する可能性があります。そのため、ゲームコンソールで大量のダウンロードが開始されてチャネルが混雑すると、他のデバイスはビートを逃さずに他の周波数でシームレスにデータを取得し始める可能性があります。

各クライアントが一度に利用できるすべての周波数とチャネルを動的に使用できるこの機能は、大きな前進です。干渉とネットワークの輻輳の影響が大幅に軽減され、接続の信頼性が向上し、遅延が短縮されます。

IEEEは802.11beの最終的な仕様を 2024 年のどこかまで持たないと予想されています。しかし、企業はそれを待つつもりはありません。Wi-Fi 5、6、および 6E で行ったのと同じように、Wi-Fi 機器を製造する企業は、ドラフト仕様に基づいた製品を推し進める予定です。この仕様は、準拠を維持するソフトウェア アップデートによって徐々にアップグレードされます。仕様の新しいバージョンで。これは大ざっぱな動きのように思えるかもしれませんが、10 年以上大きな問題が発生していないため、心配する必要はありません。

これらの仕様は非常に魅力的です。Appleデバイスへの早期搭載を望むばかりです。

(via MacWorld

Last Updated on 2022年8月24日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。