[ビジネス環境事情]リモートワーカーは生産性向上のために1日1時間以上を浪費していることが新しいレポートで判明

リモートワークによって約束される大きなメリットの1つは、無理矢理、上司の気に入るような働く振りをしなければならない「生産性劇場」の終焉です。従業員が上司から離れている場合、忙しそうに見せるためだけに、わざわざ無意味なドキュメントを作成したり、無意味な会議を開催したりする必要があるでしょうか。

リモートワークでは、その代わりに、実際に何かすることがあるまで、 20分間のヨガに参加したり、猫に餌をやったりできまう、

もちろん、そのような柔軟性は人道的で賢明なことです。しかし、専門家はまた、仕事の空き時間をすべて埋めないことが、長期的に見ればより多くのことを成し遂げるのに役立つとも主張しています。

これにより、真に柔軟な非同期(各自の勤務時間を揃えてない方法)リモート ワークが非常に魅力的になります。残念ながら、ソフトウェア会社のQatalogとGitLabによる新しいレポートによると、それはまだほとんど起こっていません。リモートワーカーは、設定された勤務時間内に生産性を発揮するために毎日1時間以上を無駄にしていることが判明しました。

米国と英国の2,000 人のナレッジワーカーを対象とした調査に基づいて作成された 2つの企業の新しい「Kill​​ing Time at Work」レポートでは、リモートワーカーが数十年前のキュービクルウォリアー(箱の中で働く人)のように振る舞いすぎていることがわかりました。

「パンデミックによる劇的な職場の変化は、私たちの働き方を永久に再構築する一生に一度の機会を私たちに与えてくれました。私たちは仕事を非同期に再構築し、私たちの生活の周りに仕事を構築できるようにすることもできましたが、失敗しました。現在、私たちの調査は、私たちが古い習慣に逆戻りしていることを示しています。機会があれば捨てるべきだったものです」とQatalogの創設者兼CEOのTariq Rauf氏はレポートに書いています.

実際には、リモートワーカーがZoomミーティングに参加すること、働いていることをアピールするために特定の時間に電子メールに返信すること、またはその他の形でリモートワークを行っていることを誇示することは、価値がないとわかっているように見えます。

この種のデジタル プレゼンティーイズムは、平均的なリモート ワーカーの 1 日のうち 67分を完全に消費することが調査で明らかになりました。いわゆる「生産性劇場」のために多くの時間が費やされたことが分かります。

レポートによると、それはおそらく仕事の質も低いことを意味します。「圧倒的多数の人 (81%) が、仕事の時間に柔軟性があると、生産性が向上し、より質の高いアウトプットを生み出すことができると考えています」と調査結果は述べています。

チームが働いているふりをするのではなく、実際に働いている (または休んでさえいる) ことを望んでいる上司のための解決策は何でしょうか。
このレポートでは、仕事をリモートで行うだけでなく、完全に非同期にすることの重要性を強調しています。

ブレーンストーミング・セッションや意思決定会議など、全員が同時に集まる必要があるものもあります。しかし、多くの対面はいつでも実行できます。Jane氏が午後11時にプロジェクトの自分の部分に取り組み、早起きのJoe氏が自分の部分を行うために午前5時に起きても、どちらもチームのボトルネックにならない限り、問題ではありません。

しかし、これは原則として真実ですが、非公式の規範と技術的な課題により、多くの労働者は、従来の勤務時間中に忙しくオンラインであることを証明せざるを得ないと感じています. それらはリモートですが、最大限に非同期ではないため、リモートセットアップの利点の多くが失われます。

「従業員の半数以上 (54%) は、同僚が古い習慣にとらわれていると言い、ほぼ 3 分の 2 (63%) の人が、組織内の経営陣と上級管理職は、従業員がオフィスにいる伝統的な文化を好む」と考えています。また、従業員がオフィスにいることができない場合、「オンライン」であることを示すことが次善の策と見なされる可能性が高い」と報告書は述べています。

言い換えれば、多くのリーダーがさまざまなメッセージを発信しており、公式には柔軟なリモートワークを奨励している一方で、非公式には、古い9 時5 時を最も忠実に守っている人が成功することを示しています。

その結果、両方の世界で最悪の事態が発生します。仕事と生活がぼやけ、リモートワークの「迅速な」真夜中の電子メールチェックにより、自律性と時間の管理の利点が失われます。それは燃え尽き症候群とイライラする才能のレシピのようなものです。

リモートを行う場合は、おそらく可能な限り非同期にする必要があります。従業員がいつでも好きなときに自由に働くことができると言う場合は、それを意味します (そして、それを可能にするテクノロジを提供します)。特定の時間に従業員がオンラインになることを密かに望んでいない場合、得られる可能性が高いのは、無意味な「生産性劇場」です。

(via INC

Last Updated on 2022年8月23日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。