iOS 16 ベータ 6、電力モードでのバッテリーのパーセンテージ オプションを更新

本日、開発者とパブリックベータテスターに​​提供されたiOS 1の6 番目のベータ版は、主にバグ修正とその他の内部改善に焦点を当てていますが、以前に導入されたバッテリー パーセンテージ・ステータスバー機能に1 つの小さな変更を加えています。

iOS 16 ベータ 6 バッテリー パーセント低電力
低電力モードの使用時に、ステータス バーに表示されるパーセンテージ・インジケーターをオフにできるようになりました。これは、以前のベータ版ではできなかったことです。この変更はステータス バーのバッテリー アイコンがパーセントで表示されるのが気に入らない人にとっては便利です。

iOS 16ベータ 5では、省電力モードを有効にすると、オンに切り替えていなくてもバッテリー パーセント機能が自動的にオンになり、バッテリー パーセント情報を表示せずにロー パワー モードをオンにするオプションはありませんでした。iOS 16 ベータ 6 ではそうではなくなり、2 つ のトグルはリンクされなくなりました。

低電力モードをオンにしながら、バッテリー アイコンのバッテリーパーセント表示をオフにできるようになりました。

Appleは、5番目のベータ版で、バッテリーのパーセントをオンにするオプションを追加し、数字がバッテリーアイコンの上に重なるようにしました。数字は、バッテリーが消耗するにつれて時間の経過とともに変化する典型的なバッテリーアイコンに取って代わります。そのため、一部のユーザーには人気がありませでした。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年8月16日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。