仮想通貨のファンは、本物の車よりもNFT(代替不可の3Dレンダリング)の車に多くのお金を払っている


画像ソース:日産のNFTバージョン、日産カナダ

仮に何かに何百万ドルも費やす必要があるとしましょう。自動車愛好家なら、おそらく最新のフェラーリか1956年式のアストンマーティンを買うでしょう。しかし、物理的に運転できない車に法外な金額を費やすでしょうか?

ばかげているように聞こえるかもしれませんが、ヴァナラマの調査によると、人々は車関連のNFTを購入するために多くのお金を支払います。

これは、NFTの車ですから彼らが車のデジタルレンダリングを所有していることを意味します (ただし、誰でも閲覧およびダウンロードできます) が、車に手を差し伸べることはできません。

実際、調査によると、購入者は実際の車よりもNFTバージョンにさらに多くの金額を支払うことを厭いません。

9 月には、日産GT-Rスポーツカー3Dレンダリングが230万ドル以上でオークションにかけられました。これは、実際の車の価格 20万ドル10倍です。

一般の人は車のNFTを購入する価値があるとは思いません。古き良き物理的な車にお金を払うことに固執していますが、仮想通貨の愛好者たちは、NFTの方に関心があるようです。

(via TNW

Last Updated on 2022年8月11日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です