[暗号化の極意]科学者は「オズの魔法使いのテキスト」の暗号化キーをプラスチック分子に隠すことに成功!

画像ソース:ACS セントラル サイエンス 2022

テキサス大学オースティン校の科学者たちは、マサチューセッツ州の同僚に、L. フランク バウムの古典小説 「オズの魔法使い」のテキストファイルのロックを解除するための暗号化キーという秘密のメッセージを添えた手紙を送りました。

暗号化キーは、ポリマーを混ぜた特殊なインクに隠されていました。彼らは、ジャーナ ACS Central Scienceに掲載された最近の論文で彼らの研究について説明しました。

データの保存と取得の代替手段に関して言えば 、目標は、耐久性があり読み取り可能な形式でデータを最小限のスペースに保存することです。ポリマーの中で、DNA は長い間、その点で最有力候補でした。以前に報告したように、DNA には 4 つの化学構成要素 (アデニン (A)、チミン (T)、グアニン (G)、シトシン (C)) があり、コードの一種を構成しています。

データをバイナリ コードからベース4コードに変換し、4 文字のいずれかを割り当てることで、情報を DNAに格納できます。1グラムの DNA は、約10 億テラバイト (1 ゼタバイト) のデータに相当します。また、保存されたデータは、数十年、場合によっては数百年という長期間にわたって保存できます。

近年、DNA保存の基本的な方法にいくつかの独創的なひねりが加えられています. たとえば、2019年、 科学者はスタンフォード・バニーの3Dプリントバージョン (3D コンピュータグラフィックスの一般的なウサギ型をしたテストモデル) を作成することに成功しました。バニーは、3D プリントに使用されるプラスチックにDNAを含むナノビーズを追加したおかげで、約 100 キロバイトのデータを保持しています。また、ワシントン大学の科学者は最近、「DNA タイプライター」を使用して、 K ポップの歌詞を生細胞に直接記録しました。

しかし、DNA を保存媒体として使用することにも課題があるため、他の代替案を考え出すことにも大きな関心が寄せられています。昨年、ハーバード大学の科学者 は、エポキシ表面に小さなスポットで印刷された蛍光染料の混合物に基づくデータストレージアプローチを開発しました。各スポットでの色素の混合物は、蛍光顕微鏡で読み取られる情報をエンコードします。研究者たちは、電磁気学と化学に関する 19 世紀の物理学者マイケルファラデーの重要な論文の 1 つと、ファラデーの JPEG 画像を保存することで、この方法をテストしました。

他の科学者は、タンデム質量分析法でポリマーを配列決定することにより、分子データの保存、保存された情報の解読 (または読み取り) に非生物学的ポリマーを使用する可能性を調査しました。2019年、ハーバード大学の科学者 は時間と費用のかかる合成技術を必要とせずに、金属表面上の市販のオリゴペプチドの混合物に情報を保存することに成功しました。

(via Arts Technica

Last Updated on 2022年8月9日 by Editor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。