[食文化]ビールと共に暑い夏に欠かせない餃子の起源は古く、複数の国が起源を主張


画像ソース:A brief history of dumplings – Miranda Brown

食文化史家のミランダ・ブラウンが自身の TED-Ed アニメーションで発見したように、餃子は中国西部の古代の墓で発見された人工物の 1 つであり、岩盤が固く、それでも認識できるものです。

学者のシュウ・シーは、1,700 年以上前に、材料と調理法を詳述した詩で彼らを称賛しました。彼はまた、この料理は中国原産ではないことを示しました。

ニンニク、ヨーグルト、ハーブで味付けした子羊の詰め物餃子は、西暦1300 年頃のオスマン帝国のおやつでした。

13世紀のモンゴルの韓国侵攻は大量の死傷者を出しましたが、明るい兆しは、彼らが世界に韓国のマンドゥーを与えたことです。

第二次世界大戦中の日本軍による中国の残忍な占領は、彼らに餃子の味を与え、それが餃子の創造につながりました.

東ヨーロッパのロシアのペリメニ、 ポーランドのピエロギ、ウクライナのヴァレニキは、初心者にはテーマのバリエーションのように見えるかもしれませんが、ウクライナ人やロシア人がそのように見るとは思わないでください.

(via OPEN CULTURE

餃子の歴史は本当に一連の血なまぐさい対立と関係しており、多数の国が原産を主張しています。

日本で餃子が広まったのは、第二次世界大戦後で、中国(満州)で戦った兵士が調理法を覚えて帰り、それがアレンジされて日本式の餃子になりましたが、日本人らしい改良の技術と繊細な味覚で、美味な餃子へと育て上げました。

中国では、ご存じのように水餃子がメインで、残り物を焼いて食べたようですが、日本の餃子は、元々、焼くことを想定してアレンジされているので、焼き餃子として人気がるのです。

Last Updated on 2022年8月13日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。