[ガーシー効果?]中国よりと見られている林外務大臣が、中国のハニトラにかかっているとの情報


林芳正外務大臣と言えば、以前、公用車を使って、美女が行うリラグゼーションのお店に通っていたことが有名になったほどの女性好きと見られている政治家です。

その林外務大臣に対する中国によるハニトラ疑惑が出てきた。
これは大王製紙創業家三代目井川氏は、ギャンブル好きで100億円以上をカジノですり、会社の金を流用したとして、特別背任の罪で有罪判決を受けた人物。

しかし、その人脈は広く、今回の林外相の話は、安倍元首相との会食の中で安倍元首相の口から出たといい、根拠を話していたという。(ただし、林外相は、地元山口県で安倍元首相の政敵であった)

ちまたでは。林外相の中国好きは以前から知られており、年に7回程度も訪中しているというが、目的が不明だった。

最近は、暴露ばやりになってきて、これはガーシー効果かも知れません。しかし、政治家のモラルは問われるべきで、どんどんモラルの低い政治家は去って欲しいと思います。

M林檎

Last Updated on 2022年8月8日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。