Teslaのサイバートラック、当初よりも予約数が大幅に増加し価格も上昇

Teslaのサイバートラックは、来年生産されるかどうかにかかわらず、強烈な魅力と嘲笑の対象であり、39,900 ドル(約540万円)という非常に魅力的な価格で開始される予定でした。しかし、それはサイバートラックが最初に発表された2019年のことであり、テスラのCEO であるイーロン マスク氏が最近述べたように、それ以来多くの変化がありました。

マスク氏は、同社の年次株主総会で、電気トラックが最初に発表されてから 3年間で発生したインフレやその他の「さまざまな問題」を挙げて、サイバートラックの仕様と価格は変化すると述べました。

マスク氏は、サイバートラックが「来年半ば」までに量産されると述べましたが、もちろん、それもまた変化する目標となりました。当初、生産は2021 年後半に開始される予定でした。しかし、2021年 8 月までに、同社は2022 年までの延期を発表し、その後、できれば2023年まで延期することを発表しました。その間、フォードやリビアンなどの競合他社は、独自の電動ピックアップを発売しました。

マスク氏は、元の価格と同じではないことに注意する以外に詳細を明かさなかった. 2019 年、Teslaはサイバートラックの 3 つのバージョンを作成すると発表しました。

  • 航続距離250マイル、牽引能力7,500 ポンド、 0ゼロ~ 時速600マイルまで 6.5 秒未満で 39,900 ドル シングル モーター後輪駆動
  • 航続距離 300マイル、牽引能力 10,000 ポンド、ゼロから時速 60 マイルまで 4.5 秒未満で 49,900 ドルのデュアル モーター全輪駆動
  • 航続距離 500マイル、牽引能力 14,000 ポンド、0 から 60mph まで 2.9 秒未満で 69,900 ドルのトリプル モーター全輪駆動。

ユーザーが知りたいのは、テスラが現在登録している予約数です。報告された最後の数 650,000台の予約は2020年6月のものですが、それ以来増加していると思われます。

Electrekによると、サイバートラックフォーラムによるクラウドソーシングによる 予約集計では、2021年5月には100 万件を超える予約がありました。この数は昨年も増え続けており、現在では150 万件近くの予約があると推定されています。

(via The Verge

Last Updated on 2022年8月6日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。