Apple、iPadOS 16のリリースを10 月に延期。iOS 16はまだ9月に公開予定

Bloombergの新しいレポートによると、Appleは iPadOS 16のリリースを 1 か月遅らせることを計画しています。iOS 16は9 月の通常のスケジュールで引き続きリリースされる予定ですが、 Stage Manageに関連するため、Apple は iPadOS 16 のエクスペリエンスを完成させるためにより多くの時間を必要としています。

レポートによると、Apple は現在、新しいStage Manager機能の改善に取り組んでいるため、10 月中 iPadOS 16 のリリースを目標にしているとのことです。

Appleが現在から10 月のリリースまでの間に Stage Managerに大きな変更を加える予定があるかどうかは不明です。iPadOS 16は現在、4番目の開発者向けベータ版であり、パブリック ベータ テスターも利用できます。これまでのところ、ベータ テスト期間中にStage Managerに小さな改善が見られました。

ベータ テスト中、このシステムは一部の開発者やユーザーから、そのバグ、紛らわしいインターフェイス、ほとんどのiPad との互換性の欠如について批判を受けました。リリース スケジュールをずらすことで、Apple は、9 月 iPhone 14に含まれるソフトウェア アップデートである iOS 16を完成させるために、より多くのエンジニアリングリソースを投入することもできます。

Bloombergはまた、iPadOS 16を1か月遅らせることで、そのリリースが新しい iPad Proの発売に近づくことにも言及しています。Apple は、M2 チップを搭載した新しい iPad Pro を準備中です。また、iPadOS 16が macOS Ventura に近いか、同時にリリースされることも意味します。

iPadOS 16 ベータ版のテストプロセスを通じて、Stage Managerはユーザーや開発者から多くの苦情を受けています。Apple は、この新機能が真のデスクトップ クラスのマルチタスキングを iPadにもたらすと宣伝していましたが、その体験はまだ十分ではありませんでした。

Stage Managerに対する批判の多​​くは、この機能が M1 チップを搭載した iPad モデルでしか利用できないという事実に集中しています。Apple はこの制限を何度も正当化しようとしましたが、答えはしばしば矛盾しており、状況をさらに混乱させるだけでした.

Stage Manager以外にも、iPadOS 16には、iCloud共有フォト ライブラリ、メッセージの改善、適切な外部ディスプレイのサポート、Safari のアップグレードなど、他の新機能が含まれています。Appleは iPadOS 16から Stage Managerを取り出して個別に遅らせることもできましたが、代わりにアップデート全体を遅らせることにしました。

開発者のJames Thomsonが Twitterで指摘しているように、iOS 16 と iPadOS 16の間の遅延は、開発者に大きな影響を与える可能性があります。これは、多くの開発者が iOS 16 APIと iPadOS 16 API を使用してユニバーサル アプリを構築しており、それらを分離する方法がないためです。唯一の解決策は、開発者が iOS 16と iPadOS 16の両方が公開されるまでアプリのリリースを遅らせることです。

Apple が iOS と iPadOS のリリースを分離したのはこれが初めてではありません。2019年はiOS 13が9月19日に、iPadOS 13が9月24日に一般公開されました。実際、すべての人にリリースされた iPadOS 13の最初のバージョンは、技術的には iPadOS 13.1でした。iPadOS 13自体は、開発者およびパブリック ベータ テストを超えてリリースされることはありませんでした。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年8月4日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。