Apple、Studio Display でスピーカーの問題が発生していることを認め、一時的な修正方法を提供

Appleは、Studio Displayを使用しているお客様が、予期せず突然のサウンドの途切れ、高速でのオーディオ再生、歪んだオーディオ品質、途切れ途切れの再生など、オーディオ関連の問題を経験する可能性があることを認めています。

MacRumorsが入手した認定サービス プロバイダーへのメモの中で、Appleは、顧客が同社の 1599ドルのディスプレイでスピーカーの問題に直面する可能性があることを認めています。

Appleは、問題に直面している顧客はStudio Displayを電源から外し、ディスプレイに接続されているアクセサリやデバイスをすべて取り外し、10 秒待ってからStudio Displayを電源に再接続する必要があると述べています。

Apple はこれがハードウェアの問題ではないことを明確に指摘しており、将来の OS アップデートで問題が解決される可能性があることを示唆しています。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年8月2日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。