現在の「Web2」から「Web3」へ移行するために必要なこと


画像ソース:Business Insider)

Web3は、日常のデジタル体験を再定義する次世代のインターネットです。Web3 は、暗号化と分散型保管技術を活用して、ユーザーが所有および制御するインターネットのフレームワークを構築しています。
Web3 プロジェクトの津波が発生し、金融サービス、ゲーム、e スポーツ、メディア、エンターテイメント、小売など、さまざまな業界に新しい機会が開かれています。

Web3 エコシステムは現在、ベンチャー キャピタルからの資金調達という点で大幅な成長を遂げています。DeFi プロトコル、NFT、分散型自律組織(DAO)、Play-to-Earn (P2E) ゲーム、データ ストレージ、ソーシャル メディア サービスなど、Web3 スタートアップのリストは増え続けています。

DappRadarのレポートによると、ベンチャーキャピタルファンドと投資家は、2022年の第1四半期だけで、ブロックチェーンゲームと関連インフラストラクチャにすでに 25 億ドル以上を投資しています。これは、2021年に投資された合計40億ドルと 2020年の8,000 万ドルと比較すると、大幅な増加です。これは、拡大する Web3 エコシステムの 1 つの側面にすぎません。

GitHubで公開された別のレポートによると、Web3 エコシステムには18,000 人を超えるアクティブな開発者がおり、少なくとも毎月1回はコードをオープンソースブロックチェーンプロジェクトにコミットしています。このレポートはさらに、私的ななWeb3 プロジェクトで行われた開発作業を考慮していないため、実際の数値はもっと高い可能性が高い可能性があります。

MetaBeatは、10月3~4日にカリフォルニア州サンフランシスコで、メタバースの思想的リーダーを集めて、メタバーステクノロジがすべての業界のコミュニケーションとビジネスの方法をどのように変革するかについてガイダンスを提供します。

あらゆる指標から見て、Web3 の成長は前例のないものです。しかし、主流の採用段階に入るまでには、まだ長い道のりがあります。Web3製品とサービスに対する投資家とユーザーの関心は高まっていますが、進行中の移行を加速するには、いくつかの要因に対処する必要があります。

Web3が真に繁栄するためには、Web3の投資家、開発者およびユーザーが取り組む必要がある3つの重要な領域があります。

1. ユーザーはマインドセットを「ユーザー所有」モデルにシフトする必要がある

現在の Web2、つまりインターネットの “as-a-service” 反復では、ユーザーは基本的に、自分が利用する製品やサービスの将来の方向性について発言権を持っていません。ほとんどの場合、プラットフォームまたはサービスのユーザーと所有者は、プラットフォームまたはサービスが公開株式市場にリストされるまでは別々になる傾向があり、Web3ではユーザー間の所有権へのアクセスが容易になります。

確かに、株主は特定のイニシアチブに投票するよう求められていますが、一般の投資家は企業変革の原動力にはほど遠いものです。株式を購入した後でも、所有権を介して小株主に与えられる意思決定の権限は比較的小さく、企業の意思決定に影響力を持つ機関投資家やファンドとのテーブルに座ることができません。

反対に、Web3 モデルは真の所有権を提供します。トークンは、ユーザーが享受するプラットフォームまたはサービスの早期かつ分散型の所有権を可能にします。民間企業の所有権がゼロに近いことで以前に妥協した既存のユーザーは、所有権とガバナンスの責任を理解する必要があります。彼らは、この「所有権」の力と、製品やサービスの開発方向に貢献し、影響を与えることができる程度を認識する必要があります.

初期段階で投資することで、平均的な個人でもプロジェクトの運営組織の一員になり、コミュニティと連携して製品ロードマップを推進できます。意思決定プロセスは、透明性があり、包括的かつ公正になります。これは、Web2 エコシステムには通常存在しない属性です。

2. 投資家は、「コミュニティ主導、協調的、参加型」の考え方に変わる必要がある

Web2 パラダイムでは、投資家は、価値の獲得とガバナンスの監視を確実にするために、支配権と取締役会の議席の割合をめぐって争います。
このアプローチは Web3 ではあまり効果的ではありません。所有権の分散化は、Web3の重要な基本原則です。ネットワーク効果は、エコシステム内で複数の役割 (サービスのユーザー、投資家、サプライヤー、ビジネス パートナー) を持つことができるコミュニティメンバー間の所有権を分散することによって、最も加速することができます。

3. プロジェクトは、ユーザーを引き付けるための持続可能な方法を考える必要があります

通常、プロジェクトは、トークンのインセンティブを使用して、短期間で巨大な誇大広告を生成します。このようなキャンペーンがユーザーとリクイディティ プロバイダーをすばやく引き付け、誰もが評価する主要な指標を強化することは間違いありません。

代わりに、すべてのプロジェクトでトークンノミクスを慎重に設計する必要があります。プロジェクトが同様の関心と目標を共有する適切なオーディエンスを見つけた後にのみ、トークンの割り当てを開始することを勧めます。

(via VB

「Web 1.0」と「Web 2.0」は、さまざまな技術と形式を通じて進化してきたワールド・ワイド・ウェブの歴史上の期間を指す。Web 1.0は、静的ウェブページで構成されるウェブサイトが大多数を占め、ユーザーのほとんどがコンテンツの生産者ではなく消費者であった1991年から2004年頃までの期間を指す。Web 2.0は、「プラットフォームとしてのウェブ」という構想に基づき、フォーラムやソーシャルメディア、ネットワーキングサービス、ブログ、およびウィキなどのサービスにアップロードされたユーザー生成コンテンツを中心としたものである。これは、2004年頃に始まり、現在まで続いていると考えられている。

Web3(ウェブスリー)とは、次世代のワールド・ワイド・ウェブとして提唱されている概念である。分散化・ブロックチェーン・トークンベース経済などの要素が取り入れられており、一部の技術者やジャーナリストは、「ビッグ・テック」と呼ばれる大手IT企業にデータやコンテンツが集中しているとされるWeb 2.0とこれを対比させている。「Web3」という用語は、2014年にイーサリアムの共同設立者であるギャビン・ウッドによって作られ、2021年に暗号通貨愛好家や大手IT企業、およびベンチャーキャピタルなどから関心を集めた[2]。Web 3.0とも呼ばれる

参考:Wikipedia

Last Updated on 2022年8月1日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。