人気TV番組「スター・トレック」のウラ中尉役、ニシェル・ニコルズが89歳で死去


画像ソース:Fotos International

1960年代にテレビ番組として放映され人気を博したスタートレックシリーズ(日本では宇宙大作戦)でニョタ・ウフーラ(日本版ではウラ)として画期的な役割を果たしたことで最もよく知られているニシェル ニコルズは、89 歳で亡くなりました。彼女の息子であるカイル ジョンソンが、ニコルズの Instagram アカウントへの投稿でファンに知らせました。

「昨夜、私の母、ニシェル・ニコルズが自然の原因に屈して亡くなりました」とジョンソンは書いています. 「しかし、彼女の光は、現在初めて見られる太古の銀河のように、私たちと将来の世代が楽しみ、学び、インスピレーションを得るために残ります。」

ニコルズは、1932 年 12 月 28 日にイリノイ州ロビンズで生まれました。スタートレックのキャストに参加する前に、ニコルズはジャズ アーティストのデューク エリントンと一緒にダンサー兼歌手としてツアーを行い、後に 1959 年の映画「ポーギーとベス」やテレビ シリーズ「ザ リューテナントント」 (1964 年) に出演しました。

ニコルズは、1966 年にスタートレックのキャストにニョタ・ ウフーラ中尉として加わり、テレビで主役を演じた最初の黒人女性として歴史を作りました。彼女はスタートレックを離れてブロードウェイでキャリアを積むところだったが、最終的にマーティン・ルーサー・キング・ジュニア博士との出会いが彼女をショーにとどまらせることを確信させた

スター・トレックのファンであるキング博士は、ニコルズに彼女の役割の記念碑的な重要性を思い出させ、それが彼女のテレビ出演を続けることにつながりました. ニコルズは、元のシリーズが1969年に終了するまでスタートレックに出演し続けました。

ニコルズの遺産は、スタートレックをはるかに超えています。彼女は NASA と提携して、マイノリティの宇宙飛行士の採用を奨励しました。彼女の功績により、最初の女性であるサリー・ライドと最初の黒人男性であるギオン・ブルフォード大佐が宇宙に行きました。2019 年の映画『Woman in Motion』は、NASA に対するニコルズの擁護活動の影響に専念しています。昨年 12 月、ニコルズは LA Comic Con に最終的に出演した後、宇宙擁護活動からの引退を発表しました。

スター・トレックのヒカル・スールー(日本版ではミスターカトー)役で最もよく知られているジョージ・タケイも、ツイッターでニコルズへの賛辞を投稿した。「USSエンタープライズのウフラ中尉として私たちと橋を共有し、今日89歳で亡くなった、先駆的で比類のないニシェル・ニコルズについてもっと言いたいことがあります」とタケイは述べています。「今日、私の心は重く、あなたが今眠っている星のように私の目は輝いています、私の最愛の友人。」

(via The Verge

Last Updated on 2022年8月1日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。