ChromeOS、最新のアップデートで組み込みのPDF編集機能をサポート

ChromeOSは、MicrosoftのWindowsよりもAndroidに少し似ています。ただし、最新のChromeOSアップデートに含まれる機能が追加されたことで、その違いが一部変わっています。Googleは今週のブログ投稿でアップデートの詳細を共有しました。今後数回のChromeOSアップデートから期待できることは次のとおりです。

今後数か月で到着する最大の変更の1つは、ネイティブPDFエディターです。PDFの編集は、ほぼすべての仕事や学校のコースの一部にすることができます。GoogleのChromeOSでPDFを編集することは簡単です。これが、GoogleがPDF用のネイティブエディタをクラウドベースのオペレーティングシステムに追加している理由です。

PDFエディターに加えて、GoogleはChromeOSにさらに多くのカスタマイズオプションをもたらしています。これにより、コンピューターを完全にパーソナライズできるようになります。

Googleフォトアルバムの1つを使用して壁紙を設定したり、毎日新しい写真に更新したりすることもできます。今後のChromeOSアップデートは、さらにカスタマイズしたいユーザーにとってはオリーブの枝のようです。

GoogleがChromeOSを他のオペレーティングシステムよりも際立たせている1つの方法は、Googleドキュメント、Googleフォト、その他のGoogleアプリケーションなどのクラウドベースのアプリケーションを使用していることです。今後数か月以内に、GoogleはGoogleフォトを含むいくつかのアプリを更新する予定です。

フルムービーエディタは、今後のChromeOSアップデートでGoogleフォトに追加される大きな機能です。UIは現時点で変更される可能性がありますが、これまでのところ、有望で使いやすいように見えます。

エディターを使用すると、ユーザーはクリップ、写真、タイトルカード、さらには音楽を使用してエンドツーエンドのムービーを作成できます。グーグルは、「数回タップするだけで高品質の映画を作る」のに役立つはずだと言っています。残念ながら、GoogleはこれらのChromeOSアップデートをいつ期待するかを正確に発表していませんが、この夏の間にアップデートを共有し続けると言っています。

(via BGR

Last Updated on 2022年7月29日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。