【現代の〇〇〇の塔?】サウジアラビアが長さ170kmの高層都市計画を発表

サウジアラビアは中世の野蛮主義と石油で有名かもしれませんが、王国は未来的なエコトピアとして、変身しようとしています。通常、ありそうもないサウジアラビアのビジョンは、高さ500m、幅200m、長さ170kmの鏡張りの街「The Line」です。

大都市の人口は2045年までに150万人と言われています。このプロジェクトの費用は、最大1兆ドルになると予測されています。

将来の居住者は、車、道路、排出物のない「文明革命」を約束されています。地下鉄で20分で端から端まで移動し、すべての設備は徒歩5分以内にあります。

施設は、 34平方キロメートルの都市全体に垂直に階層化されます。仕事、レジャー、家庭用のスペースには、上、下、横の3次元でアクセスできます。

垂直に階層化されたコミュニティは、従来の平坦で水平な都市に挑戦します。

計画はばかげているように聞こえるかもしれませんが、建設はすでに進行中です。今週、サウジアラビア政府は都市の新しいデザインコンセプトを発表しました。

「都市の垂直に階層化されたコミュニティのために今日明らかにされたデザインは、伝統的な平らで水平な都市に挑戦し、自然保護と人間の居住性の向上のためのモデルを作成します」と皇太子モハメッドビンサルマン(MBS)は声明で述べました。

下のギャラリーのビジュアルで目を楽しませたり拷問したりできます。または、このページの上部にあるプロジェクトの大げさなプロモーションビデオをご覧ください。

ラインは、サウジアラビア北西部のより広範なネオム開発の一部です。

コミュニティのある部族の一員は、小作農立ち退きに抗議するビデオを作成しました。彼は後にサウジの治安部隊によって射殺されました。

(via TNW

Last Updated on 2022年7月28日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。