【地球環境】F1(FIA)、2026年に二酸化炭素を放出しない燃料に切り替える予定だと主張


画像ソース:Sarah Meyssonnier / reuters

F1(FIA)は走行時の排ガスをクリーンアップし、2030年までにレース活動で正味ゼロのカーボンフットプリントにすることを確約しています。計画の重要な部分は、当然ながらレースカーで100%持続可能な燃料を使用することであり、F1組織は2026年までにそれを達成することを目指し、計画は予定通りに進んでいると述べています。

現在、F1カーで使用するために完全に持続可能な燃料を開発しています。開発した燃料は、市販のほとんどのロードカーでも燃料を使用できると主張しています。今シーズン、F1カーは完全に再生可能であると言われている10パーセントのエタノールを含むE10燃料を使用しています。

わずか数年で10%の再生可能燃料から完全に持続可能なバージョンに移行することは困難ですが、F1組織のトップはその目標を達成できると確信しています。

「私たちはカーボンサークルが完全に中性であるE燃料に取り組んでいるので、その燃料を生成するために利用される炭素は、内燃機関から放出される炭素と同じ量です」とモータースポーツのF1マネージングディレクターであるロス・ブラウン氏は声明で述べました。

「それは、エンジンが大気中の二酸化炭素に何も追加しないことを意味します。」ブラウン氏は、燃料をより広く利用できるようにすることで、世界中の排出量を削減できる可能性があると指摘しました。特に電気自動車への切り替えが長期間実現できない地域ではこの燃料は有効です。

100%持続可能な燃料プロジェクトを率いるF1のチーフテクニカルオフィサーであるパット・シモンズ氏は、モータースポーツはまだ2026年の目標を達成するために良好な状態にあると語った。「私たちはアラムコと協力してきましたが、今では燃料の39種類のブレンドをテストしました」とシモンズ氏は述べました。

「これは、持続可能な燃料で使用できるさまざまな種類のブレンドの効果を理解するのに役立ちました。私たちは単気筒F1パワーユニットでそれらをテストし、それが私たちの進歩を加速するのに役立ったと思います。」

(Via Engdget

Last Updated on 2022年7月27日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。