Apple、チップの専門家がSamsungに転職するために退職

Business Koreによると、Appleで9年間働いていたチップの専門家が、ライバルのSamsungに入社するために会社を辞めたとのことです。

レポートによると、キム・ウピョンは、Texas InstrumentsとQualcommで働いた後、2014年からAppleで働いていました。レポートは、キムの責任がアップルで何であったかについて明確にしておらず、彼が半導体の専門家であるとだけ言っています。

Samsungでは、キムは新しいパッケージングソリューションセンターのディレクターになります。Samsungはここ数年、TSMCやAppleなどとの競争が激化する中、半導体分野への関与を強化してきました。Samsungは先月、新しいトランジスタアーキテクチャを使用して3nmチップの生産を開始したと発表しました。

Business Koreaは、SamsungのAppleからの最近の採用を、両社間の協力的でありながら、反面、競争のある関係を考えると、この転職は「やや珍しい」と呼んでいます。ライバル関係にもかかわらず、SamsungとAppleは協力しており、特にOLEDディスプレイでAppleに孝謙しています。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年7月25日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。