YouTuberが、M2 MacBookAirの「過熱する問題」を15ドルで修正

M2 MacBook Airは、その再設計とパフォーマンスで話題を呼んでいますが、CPUスロットリングの報告があるため、注目を集めています。予想外ではありません。MacBookAirはファンレス設計であるため、M1モデルと同様に、適切な動作温度を維持するために、重い処理中にパフォーマンスが低下します。

しかし、あるYouTuberは、MacBookAirのCPUの問題に対する巧妙な修正を見つけました。Max Techは、MacBook Airのマザーボードにサーマルパッドを配置しました。これは、パッドがCPUから熱を分散させるのに役立ち、スロットルが発生せず、パフォーマンスを維持できるという理論に基づいています。

そして、Max Techのテストに基づいて、サーマルパッドは機能しました。ビデオで取られたベンチマークは、パッドが取り付けられる前に記録された結果をMacBook Airが改善したことを示しています。さらに良いことに、改造されたMacBoo kAirは実際にベンチマークで13インチM2 MacBook Proを上回りました。Max Techは、CPUがより高温になるまでに時間がかかることも示しました。

Max Techの修正は非常に魅力的です。サーマルパッドは安価($ 15)で、インストールは比較的簡単です(ラップトップを開くだけで簡単に行えます)。しかし、熱への暴露がパッドの耐久性にどのように影響するかなどの長期的な影響は不明です。(これは、なぜAppleがそもそもそのような簡単な修正を実装しなかったのかという疑問につながる。)

MacBook Airにこの変更を加えると、ほぼ確実にAppleの保証が無効になるという事実もあります。したがって、MacBook ProのパフォーマンスをMacBook Airにしたい場合は、サーマルパッドを自分で取り付けてみてください。しかし、あなたはあなた自身の責任でそれをするでしょう。

(via Macworld

Last Updated on 2022年7月20日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。