【宇宙サイエンス】SpaceX、ロシアの対衛星爆破ミサイル試験の破片(デブリ)を回避するためにStarlink衛星を1,700回移動

SpaceXのStarlink衛星は、ロシア連邦が昨年、対衛星ミサイルを打ち上げた後、衛星を1000回以上操縦、異動しなければならなかったことを明らかにしました。

SpaceXは、連邦通信委員会(FCC)への提出書類でこの情報を共有し、その状態を説明し、今年軌道離脱した衛星の数や衛星が経験した可能性のあるその他の障害などの詳細を共有しました。

SpaceXは、運用から除外されたほぼすべての衛星を制御し続けます。このレポートは今月の初めに提出され、Starlink衛星がファルコン9ロケットで打ち上げられた直後に、衛星が安全に地球を周回できるようにするための手順について説明しています。

Starlink衛星は最初に駐車軌道に配置され、そこでシステムがチェックされ、テストが終了すると、軌道を上げてインターネットをカバーできるようになります。

典型的なミッションプロファイルでは、スターリンク衛星が高度350 km(km)に「駐車」し、その後高度を550kmに上げます。これにより、機能していない衛星が地球の大気圏で燃え尽きる可能性があり、高度が上がると困難になります。

SpaceXは、2021年12月の初めから2022年5月末までの間に、6,873回の衛星の操縦を行い、衛星が互いに衝突したり、他のオペレーターが所有する衛星と衝突したりしないようにしたと説明しました。

これらは、Starlink衛星が業界標準に準拠することを選択した場合に実行する必要があったアクションよりも高かった。これは、衝突確率が0.00001のときにSpaceXが操縦を行うのに対し、業界は0.0001の基準に従っているためです。

SpaceXは、回避行動をとるように促したイベントのリストの一部として、2022年2月の地磁気嵐と2021年11月のロシアの衛星攻撃兵器テストが同社にStarlink衛星の操縦を促したと概説しました。SpaceXは2月3日に49個の衛星を打ち上げました。レポートでは、太陽の粒子が662 km / sの驚異的な速度で移動するのを見た太陽嵐のため、そのうち38個が地球の大気圏に再突入しなければならなかったと説明されてい ます。

SpaceXは、11月のロシア連邦の対衛星ミサイルテストのために、同社はスペースデブリの雲を避けるために衛星を1,700回以上操縦しなければならなかったことを共有しました。このテストでは、ロシアの直接上昇衛星A-235 Nudol弾道ミサイルが、Starink衛星よりもわずかに低い高度の低軌道(LEO)にある衛星(Kosmos 1408)を標的にしていることがわかりました。国務省の推定によると、これにより少なくとも1,500個のデブリが発生し、2022年1月に破片と中国の科学衛星との間で危険なほど接近したニアミスイベント(48フィート)が発生しました。

(via wccftech

Last Updated on 2022年7月17日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。