Apple、macOS Venturaの機能を備えたSafari Technology Preview 149を公開!

Appleが、Safari Technology Preview 149を開発者サイトで公開しています。

Safari Technology Preview 149には、Webインスペクター、メディア、CSS、CSSコンテナクエリ、レンダリング、JavaScript、画面共有、Webアニメーション、WebAuthn、ナビゲーションプリロード、Web API、およびセキュリティのバグ修正とパフォーマンスの改善が含まれています。

現在の「Safari Technology Preview」のリリースはSafari 16アップデートに基づいて構築されており、ライブテキスト、パスキー、Web拡張機能の改善などのmacOS Venturaに搭載されている機能のサポートが含まれています

Appleによれば、Safari Technology PreviewのアップデートはmacOS Big Surでは利用できなくなりました。

Safari Technology Previewは、2016年3月に実験的ブラウザとして初めて公開され、開発プロセスに開発者やユーザーからのフィードバックを取り入れながら、最新のテクノロジーをテストするために公開されてます。Safari Technology Previewは、一度、開発者サイトでダウンロードすると、次回からはMac App Store経由でアップデートできるようになります。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年7月15日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。