Kuo氏:iPhone 15 Pro Maxが新しいペリスコープレンズを搭載する2023年発売の唯一のモデル

2023年のiPhone15Pro Maxは、新しいペリスコープレンズを備えた唯一のモデルになります。AppleはまだiPhone14を発表していませんが、2023年のiPhoneモデルについての噂はすでに耳にします。

現在、噂で言及されている一番の特徴は、より良い光学ズームのためのペリスコープレンズです。アナリストは、このテクノロジーが2023 Proモデル専用であると最初に信じていましたが、Ming-Chi Kuo氏は現在、より大きなiPhone 15 Pro Maxだけが新しいレンズを手に入れると主張しています。

ペリスコープレンズは、カメラセンサーに対して90度で複数の内部レンズに光を反射するプリズムに依存しています。これにより、レンズの長さを望遠レンズよりもはるかに長くすることができ、その結果、はるかに優れた光学ズームが得られます。

iPhone 13 Proモデルの望遠レンズは、3倍光学ズームと15倍デジタルズームのみを提供します。一方、SamsungのGalaxy S22 Ultraには、10倍の光学ズームと最大100倍のデジタルズームを可能にするペリスコープレンズがすでに搭載されています。伝えられるところによると、AppleはペリスコープレンズをiPhoneに搭載する計画を立てていますが、機能は予想よりも制限されているようです。

これは、Kuo氏によると、新しいペリスコープレンズはより大きくてより高価なiPhone 15 Pro Maxでのみ利用可能であり、小型のiPhone15 Proは光学ズーム用の通常の望遠レンズを維持するためです。アナリストによると、1/3インチセンサーの解像度は12メガピクセルで、絞りはf / 2.8、センサーシフトの安定化、最大6倍の光学ズームを備えています。

小型のスマホを好む人は、ペリスコープレンズ付きのiPhoneを手に入れるために2024年まで待たなければならないでしょう。KuoはiPhone16 ProとiPhone16 Pro Maxの両方がこの技術を持っていると述べています。当然のことながら、ミッドレンジのiPhone15および16モデルにはペリスコープレンズが搭載されていません。

2023年のiPhone 15 Pro Maxは、新しいペリスコープレンズを備えた唯一のモデルになります。
アナリストはまた、iPhone16 Proモデルで使用されるペリスコープレンズはiPhone15 Pro Maxで使用されるものと同じまたは非常に類似していると考えています。

Kuo氏は、今後数年間でより多くのスマートフォンメーカーがペリスコープレンズを採用することを期待しています。これにより、これらのコンポーネントの需要と生産が増加し、将来的には安価になります。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年9月19日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。