iPhone 14 Max、生産が予定よりさらに遅延

iPhone 14の発売が近づくにつれ、アナリストのロス・ヤング氏は本日、​​iPhone 14 Maxの生産が予定より遅れていると報告しました。iPhone 14 Maxは、「Pro」モデルではないApple初の6.7インチiPhoneになると予想されており、サプライチェーンの問題を引き起こしていると報告されています。

ヤング氏によると、iPhone 14 Maxのパネル出荷は、iPhone 14 Pro Maxよりもはるかに遅れています。今日のツイッターへの投稿で、ヤング氏は、パネルの出荷はまだ「かなり遅れている」と述べた。ヤング氏のデータは、8月までのサプライチェーン情報に基づいています。

ヤング氏はさらに、iPhone 14 Pro Maxの供給量はiPhone14 Maxの供給量の3倍以上であると述べました。iPhone 14 MaxとiPhone 14 Pro Maxは画面サイズを共有しますが、パネル自体は異なります。これは、iPhone 14 Maxが、iPhone 14P roおよびiPhone 14 Pro Max専用のAppleの適応リフレッシュレートテクノロジーであるProMotionのサポートを欠いているためです。

iPhone 14 Maxは、発売後は非常に人気のあるデバイスになると予想されています。Appleが「Pro」の価格と機能を備えていない6.7インチのiPhoneを提供するのはこれが初めてです。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年7月13日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。