iOSとAndroidに登場する新しい絵文字には、「ハイタッチ」と「揺れる顔」が含まれます。

今度の日曜日は世界絵文字デーです。最終的なiOSとAndroidに登場する絵文字のプレビューを取得することになります。デザインはプラットフォームごとに異なりますが、EmojipediaにはEmoji15.0のドラフトリストとサンプルイメージがあります。

Unicodeコンソーシアムには、今年31種のドラフト絵文字があり、2022年と2023年に展開される可能性があります。ドラフト絵文字は現在から9月の完成までの間で変更される可能性がありますが、ほとんど(すべてではない)が通過します。候補には、揺れる顔と、待望のハイタッチとワイヤレスの絵文字が含まれます。

揺れる顔の絵文字は、主に衝撃反応に使用されます。または、振動のような属性のおかげで、公式の地震絵文字になる可能性があります。人々は握手の絵文字をハイタッチの代わりとして使用することがありますが、今年は公式の絵文字を取得しています。

右向きと左向きのプッシュハンドはどちらも、何かを拒否する方法として機能します。一緒に使用すると、ハイタッチとなります。
また、ワイヤレス絵文字も入手できるようになりました。驚いたことに、現在Wi-Fi絵文字がないため、モバイル信号を模倣するように設計されたアンテナバー絵文字を使用する必要がありました。ワイヤレス絵文字は、すべてのWi-Fi愛好家を救います。ピンクのハートの絵文字を待っていたのなら、それも今年後半に登場するようです。

Emoji 15の新しい動植物は​​、新しい哺乳類、鳥、さらにはビーチで誰も見つけたくないクラゲの絵文字が含まれています。今年は、ムースの顔、ロバ、黒い鳥、ガチョウ、そして翼を手に入れました。ヒヤシンス、生姜、豆のさやも途中です。

ラテン音楽ファンは、マラカスが今年後半にiOSとAndroidで絵文字として表示されると聞いて喜ぶでしょう。そして、若い頃にリコーダーやフルートを演奏することを余儀なくされた場合、それらの子供の頃の思い出を追体験するためにフルートの絵文字が到着しています。

Emoji 15には​​合計31の推奨絵文字があり、昨年の112の推奨と2020年の334の推奨よりも大幅に少なくなっています。実際、Unicodeがこれまでに推奨した新しい絵文字の数はこれまでで最も少ないです。

このリストは9月までUnicodeコンソーシアムによって最終決定されませんが、ほとんどのドラフト候補は通常受け入れられます。

(via The Verge

 

Last Updated on 2022年7月13日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。