軽量で、これまでに比類のない画質と噂されているOLED iPadの発売は2024年か?

韓国のET Newsによると、Appleは現在、OLEDディスプレイを搭載したiPadの最終プロトタイプを製造しており、このデバイスは軽量設計と画質の向上に重点を置いているとのことです。

プロトタイプは韓国のディスプレイパートナーであるSamsungとLG Displayと共同で製造されており、Appleが一連のテストを実施できるようになっているとのことです。Appleはまた、ディスプレイの耐久性を高めるために特別なコーティングを開発していると考えられています。これは、ディスプレイの薄さにとって必要になります。

Appleは、OLED iPadのデザインを軽量化し、「比類のない画質」を実現することに注力していると言われています。これは、ディスプレイの重量を大幅に削減するドライエッチングプロセスによって部分的に促進されています。

最初のOLED‌iPad‌モデルには、11インチと12.9インチのiPad Proが含まれる予定です。これらのデバイスは、2024年に発売されると広く噂されています。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年7月12日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。