【宇宙サイエンス】科学者たちは、天の川の中心部でRNA(リボ核酸)の構成要素を発見

研究チームは、G+0.693-0.027として知られる分子雲のRNAの構成要素を発見しました。彼らによると、この発見は、地球上の生命がどのように始まったかについての理論に影響を与える可能性があります。また、他の惑星での生活がどのように始まったかについても、より多くの光を当てることができます。

RNA、またはリボ核酸は、DNAに似た分子です。それはすべての生細胞に存在し、よりよく知られている二重らせんと同様に動作します。しかし、DNAの二本鎖とは異なり、RNAは一本鎖のみで構成されています。生命の起源におけるその全体的な部分は不明です。しかし、RNAの構成要素がDNAに先行している可能性があるという証拠がいくつかあります。

科学者が雲の中で見つけたもの、G + 0.693-0.027はニトリルでした。これは、初期の宇宙でRNAを生成するのに重要だったかもしれない有機分子のグループです。研究者たちは、RNAのこれらの構成要素の存在は、化学が星間物質で起こり得ることを示していると言います。

これにより、これらのニトリルは、「RNAワールド」シナリオが依存する重要な分子前駆体を形成することができたはずです。この作成シナリオは、RNAが初期の宇宙の生命の起源に関与していたと主張しています。もちろん、理論には問題があります。しかし、RNAのこれらの構成要素が果たした可能性のある部分を深く探求することは興味深いことです。

私たちが何世紀にもわたって積み上げてきた多くの知識にもかかわらず、私たちの宇宙の始まりについて私たちが知らないことがまだたくさんあります。おそらくこの発見により、研究者は初期の宇宙について、そしてRNAの構成要素がそのすべてにおいて役割を果たすかどうかについてより多くを明らかにすることができるでしょう。

(via BGR

Last Updated on 2022年7月12日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。