iPadOS 15.5へのアップデート後に充電の問題が発生しているiPad mini 6

iOS 15.5は、リリース以来、いくつかの問題を引き起こしているようです。Apple Booksアプリに関する複数の苦情の後、Appleのモバイルオペレーティングシステムの最新バージョンがiPadユーザーに影響を及ぼしています。具体的には、アップデート後にiPad mini 6で充電の問題が発生しているユーザーが多数います。

Appleサポートコミュニティフォーラムの複数のユーザーが指摘しているように、影響を受けるユーザーは、iPadOS 15.5にアップデートした後はiPad mini 6を再充電できなくなります。これらのレポートに基づくと、iPadのバッテリーは使用されている電源アダプターやケーブルに関係なく充電されません。一部のユーザーは問題を解決するためにiPadソフトウェアを復元しようとさえしましたが、これはうまくいかないようです。

ただし、これはハードウェアの問題のように見えるかもしれませんが、その背後にある理由はソフトウェアに関連しています。認定サービスプロバイダーに送信された内部メモの中で、Appleは、ユーザーがiPadOS 15.5をインストールした後にiPad mini 6を再充電できなかったことを認識していると述べています。

残念ながら、Appleはメモの中で、内蔵バッテリーやiPadを新しいものと交換しても問題は解決しないと述べており、これは基本的に充電の問題がソフトウェアのバグであることを裏付けています。現時点では、開発者とApple Beta Software Problemに登録しているユーザーが現在利用できるiPadOS 15.6ベータが、iPad mini 6の充電の問題を修正するかどうかは不明です。

同社は、Apple Retail Storesとサービスプロバイダーの従業員に、影響を受けるユーザーに一時的な修正としてiPadminiを再起動するように依頼するようにアドバイスしています。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年7月8日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。