【脳を襲う寄生虫】フロリダには、人間の脳内で活動する寄生虫を媒介する巨大カタツムリが繁殖

フロリダ農務省の科学者であるメアリー・ヨンコン氏は、フロリダ当局は、人間の脳に侵入する寄生虫を拡散させる非常に巨大なカタツムリ種の駆除に取り組んでいます。

アフリカマイマイ(GALS)(別名Lissachatina fulica )は、最大20センチメートルの長さに成長するカタツムリで、フロリダ農業消費者サービス局によると、「地球上で最も侵略的な害虫の1つ」と見なされています。それは、多くの貴重な果物、野菜、観賞植物を含む500種以上の植物を貪欲に食べ、その数年の寿命の中で数千個の卵を大量に産卵します。

6月下旬、フロリダ州当局は、タンパのすぐ北にある州の西中央海岸にあるパスコ郡の不動産にGALSが存在することを確認しました。それ以来、彼らは敷地の周りに検疫ゾーンを設置し、先週カタツムリを殺す農薬処理を開始しました。

カタツムリは州の農業と自然植生にとって重大な脅威ですが、それらはラット肺虫を感染させることが知られており、それは人間の中枢神経系に侵入し、一種の髄膜炎を引き起こす可能性があります。このため、当局は、手袋なしでこの巨大なカタツムリを扱わないように人々に警告しています。

数年前、ハワイの保健局が2018年と2019年に12を超える症例を集計したときに、ラット肺虫が話題になりました。2018年には、疾病管理予防センターは、2011年の間に8つの大陸州からのいくつかの関連のない症例に関するデータも公開しました。

ラットの肺虫(別名Angiostrongylus cantonensis)は、主にラットや他の齧歯動物の肺に感染することでその名前が付けられています。肺では、成虫が交尾し、雌が卵を産み、それが幼虫に成長します。その後、ネズミはそれらの若い寄生虫をそれらを飲み込み、そしてそれらを排便することになります。

それらの積まれた丸太から、幼虫は彼らの柔らかい体に穴を掘ることによって、または軟体動物が感染した糞便をごちそうにし、カタツムリとナメクジ(中間宿主)に感染します。齧歯動物の胃から脳に移動する後期の幼虫を送り、そこで寄生虫は若い成虫に成長します。その後、これらの成熟した帰省中は、繁殖時間のためにラットの肺に戻ります。

このサイクルでは、人間への帰省は偶発的です。人々は調理が不十分なカタツムリやナメクジを食べることで感染症にかかります。感染したカタツムリやナメクジに汚染された果物や野菜を食べる。または、カエルやカニなど、カタツムリやナメクジを食べた可能性のある調理が不十分な動物を食べること。ネズミと同じように、ワームが人間に摂取されると中枢神経系に侵入します。

しかし、人間は一般的にそれを理解していません。寄生虫は中枢神経系のどこかで死にます。場合によっては、これにより無症候性の感染が発生します。寄生虫は静かに死に治療は必要ありません。

他のケースでは、寄生虫は脳内をくねくね異動し、人間に大混乱を引き起こし、吐き気、嘔吐、首のこわばり、目の問題、腕と脚の異常な感覚、そしてしばしば全体的な頭痛を含む幅広い症状を引き起こします。CDCによるとこの症状は深刻です。重症の場合、神経損傷、麻痺、昏睡、および死につながる可能性があります。

(via Arts Technica

Last Updated on 2022年7月9日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。