Windowsラップトップメーカーは、販売に影響を与える新しいMacBook Air発売について心配している。

DigiTimesが引用した業界筋によると、Appleが再設計したM2チップを搭載したMacBook Airの発売は、一部のWindowsラップトップメーカーがIntelベースのラップトップの売上に悪影響を与えることを懸念しているとのことです。

「Wintelブランドのベンダーは、1,000ドルから1,500ドルの価格で、MacBook Airは他のハイエンドノートブックを圧倒するだろうと指摘しました」とレポートは主張し、「Wintel」はIntelプロセッサを搭載したWindowsラップトップを指します。レポートは、「M2プロセッサ、カメラレンズ、およびケーシングへのアップグレードにより、新しいMacBook Airのわずかな価格上昇が消費者にとって許容範囲内に収まる」と付け加えました。

「Windowsのラップトップメーカーは、インフレと景気後退によって引き起こされる消費者心理の弱体化についても懸念している」と報告書は主張している。

新しいMacBookAirの価格は米国で1,199ドルからで、M2チップは以前のモデルのすでに印象的なM1チップと比較して最大18%速いCPUパフォーマンスと最大35%速いグラフィックスパフォーマンスを提供します。Appleによれば、新しいMacBook Airは7月に発売され、注文日はまもなく発表される予定です。

’via MacRumors

Last Updated on 2022年7月6日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。