西オーストラリアで恐ろしい形をした新種の毛ガニを発見

科学者たちは、毛むくじゃらのカニの恐ろしい新種を発見しました。カニはオーストラリアの家族によって最初に発見されました。それ以来、これまでに見たことのない海綿カニの種として特定されています。

これらのユニークなカニの種は、危険な捕食者から身を隠す方法として、爪を使って他の海の生き物から削り取られたスポンジや髪の毛を切り落とします。

毛ガニの新種は、西オーストラリア州デンマーク市に近いビーチ沿いの家族によって最初に発見されました。生き物は岸に打ち上げられました。生き物は、その地域で見つかった他の種類のスポンジカニと同じように見えました。しかし、それは他のカニにはなかった一つのある特徴を持っていました:それを覆っている毛はいつもよりふわふわでした

西オーストラリア博物館の学芸員であるアンドリュー・ホージー氏は、ライブサイエンスに「スポンジカニはしばしば毛深いが、その毛は通常ベルベットやフェルトに似ている」と述べた。

毛ガニの新種を自分で見た後、ホーシー氏は、スポンジカニを何十年も研究してきた有名な引退した海洋生物学者、コリン・マックレイ氏に連絡を取りました。マクレイ氏は、標本が確かにスポンジカニの新種であることを確認しました。そのため、1836年にチャールズダーウィンをオーストラリアに運んだ船であるHMSビーグルにちなんで、ラマルクドロミアビーグルと名付けられました。

(via BGR

Last Updated on 2022年7月9日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。