Apple Watch Series 8、Sシリーズチップのアップグレードがない可能性

Appleの次期Apple Watch Series 8は、現行モデルのApple Watch Series7と同じチップを使用すると噂されています。現行モデルのApple Watch Series 7は、以前のApple Watch Series 6に基づくチップを使用していました。報告によると、来年のApple Watchは新しいチップを入手する予定です。

Bloombergのマーク・ガーマン氏による新しいレポートによると、Appleの今後のApple Watch Series 8も同様に大きなチップのアップグレードが行われません。つまり、このApple Watchは、Apple Watch Series 6でデビューしたチップのわずかに変更されたバージョンを引き続き使用します。

今年のAppleWatchでより高速なチップを望んでいる人のために、S8チップはS7と同じ仕様であり、S6と同じであると言われています。ただし、来年のモデルでは、まったく新しいプロセッサを搭載する予定です。

現実的には、今年のApple Watchシリコンの大幅なアップグレードがないことは大きな問題ではありません。特に、Apple Watch Series 7はすでに十分なパフォーマンスを発揮し、少なくとも1日はバッテリーを長持ちさせることができます。

ただし、今年のwatchOS 9アップデートでは、より多くの睡眠追跡が設定されているため、より多くの人が充電の合間に時計を長持ちさせる必要があります。

(via iMore

Last Updated on 2022年6月27日 by Editor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。