iPhone、4月のマートフォン販売を支配

Counterpoint Researchの新しいデータによると、iPhoneは4月に販売されたスマートフォンのトップ10の半分を占め、SamsungとXiaomiがそれに続きました。レポートによると、トップ10のAppleのスマートフォンモデルはその月の売り上げの89%を占めており、Samsungの4つのモデルが売り上げの22%しか占めていません。

レポートで明らかになった重要なことの1つは、5Gを搭載したスマートフォンの数が2021年4月と比較してほぼ2倍になったことです。

データによると、iPhone 13は、 iPhone13 ProとiPhone 13 Pro Maxを背景に、Appleの売上をリードしました。iPhone SEは日本で特に好調で、iPhone 12が同社のトップセラーを締めくくりました。

Appleは、最新のiPhone 13モデルのうち3つで、上位3位を獲得し続けています。前世代とは異なり、非Pro iPhone 13モデルは発売以来毎月リードを維持しており、ほとんどの大規模市場での販売の点でProよりも優れています。

(via iMore

Last Updated on 2022年6月23日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。