NASAは月に原子力発電所を設計するために3つの企業を選択

NASAは、この火曜日に、月で使用するために設計された核分裂エネルギーシステムのコンセプトデザインを提供するために3つのサプライヤーと契約していると発表しました。

設計の契約は、ロッキードマーティン、ウェスティングハウス、IX(Intuitive MachinesとX-Energyの合弁事業)とのものでした。これは特定の契約を満たすことのみを目的とした「初期コンセプト」であり、それぞれの作業に対して約500万ドルを受け取り、基幹は約12か月かかると予想されます。

NASAは、このプロジェクトでエネルギー省(DOE)と適切に提携しており、仕様には、少なくとも10年間それを生成できる40キロワットの発電能力が含まれています。これは、現在のエントリーレベルの日産リーフのフル充電と同等のものですが、核分裂発生器として、それを継続的に提供します。

月(さらに言えば火星)の状態は、ここ地球上の太陽光などの他の電源で直面する同じ課題の多くを誇張しています。つまり、太陽光や火星の利用可能性に関係なく、それらは過酷な環境下で継続的に動作できなければなりません。

NASAはまた、この契約のために行われた作業は、深宇宙探査用の長距離宇宙船用の推進システムの他に利用される可能性があると述べています。

(via TechCrunch

 

Last Updated on 2022年6月22日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。