Apple社員の組合結成を称賛する米国という国

ロイター通信によると、6月20日、米国大統領ジョー・バイデンは、週末に組合結成に投票したメリーランド州のアップル社の従業員を「誇りに思っている」と述べた。他のアップルの小売店が組合化について話し合っているが、メリーランド州の従業員は米国で組合を結成した最初のアップルの小売業者である。

バイデン氏は記者団に対し、「労働者には、どのような条件で働くか、働かないかを決定する権利がある」と語った。彼は続けて、組合に関連して、「最終製品を含め、誰もがより良い状態にある」と述べた。

Appleは組合活動に反対しているが、メリーランド店の組合投票は、組合化について議論している他の店が進むことを奨励する可能性がある。5月に、Appleの小売部門の責任者であるオブライエン氏は、小売店に送信されたビデオを通じて、従業員の組合活動を阻止することを目的としていました。

オブライエン氏は、組合はアップル社が「即時の広範囲にわたる変更」を実施することをより困難にし、従業員が提起する「Appleが物事に迅速に対処することを困難にする」可能性があると述べた。

組合の努力の中で、Appleは小売店の従業員の労働条件を改善すると述べた。Appleは、従業員が引き受けなければならない各シフトの間に、現在の最低10時間から、少なくとも12時間を確保することを計画しています。従業員は、遅いシフトで働くことを選択しない限り、週に3日以上午後8時を過ぎて働く必要はなく、休日と主要な製品の発売時を除いて、5日以上続けて働くようにスケジュールされなくなります。

Appleは2月に、利用可能な有給病欠日数を増やし、休暇日数を増やし、育児休暇時間を増やしました。ワシントン州、ニューヨーク、アトランタにあるアップルの小売店も、従業員がより高い賃金、より良い退職オプション、そしてより多くの休暇時間を求めて、組合化に向けた措置を講じています。

(via MacRumors

ネオコンが力を持っている米国では、大統領までが組合活動に賛成しています。

それに比べて日本の御用組合は、どうなのでしょうか。

Last Updated on 2022年6月21日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。