アナリストによると、AppleはMシリーズプロセッサで他メーカーを2〜3年のリードしている。

ARMベースのモバイルコンピューティングチップ市場は2021年に27%成長しました。
Appleは市場の31%の収益シェアを持っていました。ノートブックPCの場合、同社は、市場シェアでほぼ90%の収益を得ています。
Macのルネッサンスは、ARMベースのPC市場の市場シェアに関しては技術をリードするMチップに寄るところが大きいと言えます。

Strategy Analyticsの新しいレポートによると、ARMベースのモバイルコンピューティングチップ市場は2021年に27%増加して351億ドルになりました。レポートによると、Qualcomm、Apple、MediaTekが収益シェアの上位3位を占めています。

「Appleは、ほぼ90%の収益シェアを持つARMベースのノートブックPCプロセッサの遠い市場リーダーとしての地位を確立しました。AppleのMシリーズプロセッサフ​​ァミリはベンチマークによって正目されているように、Appleに他者のARMチップを技術的に2〜3年リードしています。

Qualcommは2021年にArmベースのノートブックPCプロセッサ市場でわずか3%の収益シェアを獲得し、CPUパフォーマンスでAppleに遅れをとっています。Qualcommはシェアが低いにもかかわらず、Nuvia CPUコアを備えたノートブックPCプロセッサに投資し続けています。」

(via iMore)

Last Updated on 2022年6月19日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。