iPadOS 16コードで、Appleが古いiPadでStage Manager(新マルチタスク)を有効にする内部モードを持っていることを確認

iPadOS 16の主な機能の1つStage Managerは、M1チップを必要とするため、多くのiPadユーザーを残念がらせ、古いiPadモデルのユーザーがフローティングウィンドウのない元のiPadOSマルチタスクシステムを利用しなければなりません。しかし、Appleには古いiPadでStage Managerを有効にする独自の方法があるようです。

Stage Managerに関するすべての論争の後、9 to 5 MacはiPadOS 16コードを調べて調査することにしました。実際、Appleには古いiPadでStage Managerを有効にする内部モードがあることがわかりました。

コードは、「レガシーデバイス」の「シャモア」(ステージマネージャーのコードネーム)を有効にする内部設定を参照します。言い換えれば、この機能はiPadOS 16を実行している他のすべての非M1 iPadで機能します。

もちろん、それはStage Managerが古いiPadでスムーズに動作することを意味するわけではありませんが、iPadOS 16の最初の開発者ベータにこのオプションが隠されていることは、Appleのエンジニアが他のiPadモデルでこの機能を使ってテストを実行している可能性があることを示唆しています。

新しいハードウェア専用の機能を持つことは、新しいことではありません。ただし、Stage Managerに関しては、ユーザーはAppleが指摘した制限について懐疑的であるように思われます。

たとえば、Craig Federighiはインタビューで、仮想メモリスワップ(M1チップでのみ利用可能なもの)を使用することは、最大8つのアプリを同時に開くことができるため、Stage Managerを作成するために重要であると述べました。しかし、Stage Managerをサポートする64GB iPad Air 5にはメモリスワップがないことが後で発見されました。

Appleの幹部はまた、この機能は滑らかなアニメーションと美しい影を備えているため、Stage Managerの要件を非常に高くする必要があると指摘しましたが、この機能は2017年にmacOS Venturaを搭載したInte lMacで利用できるため、これも議論の余地があります。

AppleがiPadOS 16のStage Managerの要件を再検討するかどうかは現時点では不明です。昨年、macOS Montereyが発表されたとき、Live TextはM1Mac専用の機能でした。しかし、いくつかの苦情の後、Appleはこの機能をIntel Macでも利用できるようにしました。

このことから、今後、Stage Managerが古いiPadでどのように扱われるのか注目です。

(via 9 to 5 Mac

 

Last Updated on 2022年6月16日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。