Bloombergのレポート、15インチ/12インチMacBook Airをリリース!?

Bloomberg(6月10日)によれば、アップルは15インチのMacBook Airと新しい12インチのMacBookに取り組んでおり、 Appleの計画に精通している情報筋を引用している。その情報源はまた、Appleの高性能MacBook Proコンピュータに搭載されているM2ファミリーチップについての詳細を明らかにしました。

15インチのAirは、同社のWWDC 2022での基調講演で発表された13.6インチのMacBookAirと同じ全体的なデザインを使用します。つまり、テーパーエッジのない超薄型デザインに加えて、画面ノッチとファンクションキーとTouch IDを備えたキーボードがあります。

新しいラップトップは2023年の春になるとすぐに到着する可能性があると情報筋は述べています。彼らはまた、Appleが2023年後半または2024年初頭に到着する可能性のある12インチMacBookに取り組んでいると言っていますが、Appleはまだその計画を中止することができます。

12インチのラップトップが誰にサービスを提供するように設計されているかは完全には明らかではありませんが、15インチのラップトップは、より大きな画面を望んでいるが、3,000ドル近くを費やす必要がない、または費やしたくないユーザーのために、Appleのラインナップの明らかなギャップを埋めることができます。

Bloombergの情報源には、最速のMacBookが欲しい人のためのニュースもあります 。Appleの第2世代M2をベースにしたチップを搭載したMacBookProは、この秋〜2023年初頭に発売される可能性がありますが、2023年初頭に入る可能性があります。

また、Bloombergの情報筋は、AppleがMac miniとMac Proモデルをテストしているが、製品については詳しく説明していないと述べている。

(via Ars Technica

Last Updated on 2022年6月11日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。