Apple、MacRumors2チップを搭載した14.1インチiPad Proを開発中との情報

ディスプレイアナリストによると、Appleは14.1インチのミニLEDディスプレイとM2チップセットを備え たより大きなiPad Proモデルを開発しており、2023年初頭にリリースされる可能性があるとのことです。

木曜日にディスプレイサプライチェーンコンサルタント(DSCC)のロス・ヤングは、彼のサプライチェーンソースが14.1インチのiPad Proが開発されていることを確認したと述べました。モデルには、ProMotion、Face ID、およびミニLEDバックライトの両方が搭載されると彼は付け加えました。

2021年6月に、ブルームバーグはAppleがより大きなディスプレイを備えたiPadProモデルを 検討していると報告しました。

ヤングは、正確なディスプレイ関連のアップル情報を報告した優れた実績があります。

実際に14.1インチiPad Pro発売されるにしても用途は、限られています。何故ならば、片手で持つには重すぎるからです。
従って、机上に置いての描画や、ビジネスの商談時の情報提供に使うなどの用途は限られていると考えられます。

さらに日本では、円安のために販売価格の高騰が考えられるので、購入者はそれほど多くないのではと思われます。

(via AppleInsider

Last Updated on 2022年6月11日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。