App Storeでのクラウドゲームの禁止とWebKitの強制使用は、どちらも反競争的と英当局が主張!

AppleによるAppStoreでのクラウドゲームサービスの禁止と、すべてのiOSブラウザアプリは独自のWebKitブラウザエンジンを使用する必要があるという主張は、どちらも英国の競争市場局によって反競争的であると宣言されています。

Appleは世界中で独占禁止法の調査と訴訟の嵐に直面しており、中でもAppStoreが最大の注目を集めています。

App Storeのゲームアプリに課せられた制限の1つは、クラウドゲームアプリの禁止です。これは、開発者がクラウドサーバーを介してプレイされる複数のゲームへのアクセスを提供するアプリを提供できないことを意味します。

ここでの同社の目的は、ゲームごとの収益の独自のシェアを保護し、独自のApple Arcadeサブスクリプションゲームサービスとの競争を阻止することであることが示唆されています。

さらに、Appleはすべての開発者が独自のWebブラウザーを作成し、App Storeを通じて提供することを許可していますが、Appleは、独自のSafari用に開発されたWebKitレンダリングエンジンを使用するブラウザーのみを承認しています。

これにより、開発者は、たとえばSafariよりも高速なブラウザアプリを作成できなくなります。また、Appleは、ApplePay統合などの一部のSafari機能へのアクセスもブロックします。

クラウドゲームは反競争的行為を禁止します
英国の競争市場局(CMA)は、AppleとGoogleの両方に対するさまざまな独占禁止法上の苦情について調査を実施し、6月10日、その調査結果を発表しました。両社は競争を制限しているとのことです。

調査によると、AppleとGoogleは、モバイルエコシステムに対して効果的な複占を行っており、モバイルデバイス上のオペレーティングシステム、アプリストア、ウェブブラウザなどの市場を席巻することができます。

CMAは、Appleがクラウドゲームサービスを除外すると、開発者と消費者の両方に害を及ぼすと結論付けました。ゲームアプリはAppleの主要な収益源であり、クラウドゲームはアプリの配布におけるAppleの確固たる地位に真の脅威をもたらす可能性があります。

このセクターの成長を防ぐことで、Appleはモバイルユーザーがクラウドゲームのメリットを十分に享受できなくなるリスクを負っています。CMAはまた、すべてのiOSブラウジングアプリがWebKitを使用するというAppleの主張は、速度と機能の両方がこのエンジンの機能によって制限されているため、同様に競争を阻止すると結論付けました。

今後も、Appleに対する調査は継続されるとのことです。

(via 9 to 5 Mac)

Last Updated on 2022年6月10日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。