これは便利! iOS16のカメラアプリ、リアルタイム翻訳が可能

iOS 16は、システム全体の翻訳機能をカメラアプリに導入し、iPhoneを使用して標識やパッケージなどをリアルタイムで翻訳できるようにしました。

翻訳機能の使用は、カメラアプリを開いて、翻訳するテキストに向けるのと同じくらい簡単です。アプリのテキスト選択ボタンをタップして検出されたテキストを選択し、翻訳オプションを選択して即座に翻訳します。

ビューを一時停止して翻訳をテキストにオーバーレイしたり、ズームインして詳細を確認したりできます。これは、旅行中に理解できない可能性のある標識やその他の文言に最適な便利な機能です。

Google翻訳アプリには、アプリでカメラをアクティブにして周囲のテキストを翻訳できる同様の機能が長い間ありました。そのため、この新しい「iOS 16」機能は、基本的にiOSカメラアプリをGoogleの翻訳オプションと同等にします。

Appleはまた、このカメラ機能やiOS全体の他のライブテキストオプションで使用できる新しいクイックアクションを追加しました。クイックアクションは、写真、ビデオ、およびカメラアプリを介して検出されたデータを実用的なものにします。フライト情報、出荷、外国語、通貨、URLなどを利用できるため、写真やビデオ内のコンテンツから、パッケージの追跡、変換、URLへのアクセスなどを行うことができます。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年6月9日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。