Safari、デバイス間で拡張同期、Web画像の翻訳をサポートし、今秋後半に公開予定

今秋、Safariは、ライブテキストを使用してWeb画像を翻訳する機能、iOSでのプッシュWeb通知のサポート、iOS、iPadOS、およびmacOS間での拡張機能の同期などを利用できるようになります。

iOS16とmacOS Venturaで、 Safariは昨年のより重要な再設計に続いて、いくつかの小さな改良を加えています。

昨年、AppleはiOSとiPadOSにSafari拡張機能を導入しました。今年、ユーザーはiOS、iPadOS、macOSデバイス間で拡張機能の同期を有​​効にして、各プラットフォーム間でよりシームレスなブラウジング体験を保証できます。

iOSとmacOSでは、Safariは共有タブグループも取得しています。これは、タブのグループを友人や家族と共有する簡単な方法です。グループのすべてのメンバーは、リストにタブを追加して共同作業を行うことができます。

個々のタブグループについて、Appleは、グループ専用のスタートページを作成し、Safariタブグループ内にタブを固定する機能を追加しています。その他の小さな変更には、サイト固有の要件に基づくパスワードの推奨事項の改善、Webサイト設定のデバイス間同期などが含まれます。

これらの変更は、「iOS 16」、「iPadOS 16」、および「macOSVentura」の一部として提供されます。パブリックベータは7月に利用可能になり、秋には一正式公開されます。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年6月8日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。