Samsung、iPadとMacBook用のOLEDディスプレイを供給

The Elecによると、Samsungは、タブレットやノートブックに適した大型のOLEDディスプレイを製造するために韓国に新しい生産ラインを建設することを計画しており、最終的には将来のApple製品の注文を満たすことを目指しています。

Elecは以前、Appleが2024年にOLEDディスプレイを備えた最初のiPad Proモデルをリリースする予定であり、Samsungが既存のラインの1つでそれらのモデルのディスプレイを製造すると述べました。サムスンの将来の生産ラインは別の工場にあり、ノートブック用に十分な大きさのOLEDディスプレイを作成できるため、2025年以降に発売されると噂されているOLEDディスプレイを搭載したMacBookProへの道が開かれます。

Appleは昨年iPadとMacBookのラインをミニLEDディスプレイに移行しており、OLEDはその後の次のステップになるでしょう。ミニLEDディスプレイとは異なり、OLEDパネルは自己発光ピクセルを使用し、バックライトを必要としません。これにより、コントラスト比が向上し、将来のiPadおよびMacBookモデルのバッテリー寿命が長くなる可能性があります。Appleはすでに最新のiPhoneとすべてのAppleWatchモデルにOLEDディスプレイを使用しています。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年6月4日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。